5月1日よりKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔が出演する、袋麺「サッポロ一番」のWEB動画が公開された。本動画は「ひとてま荘の春夏秋冬」キャンペーンにおいて、毎月1日に季節にあわせたレシピを紹介する「今月のひとてま荘」の最新作、「5月のひとてま荘」(120秒)。「サッポロ一番 ソースやきそば」にひと手間加えた、アウトドアにぴったりのアレンジレシピ「春野菜のソースやきそば」を、藤ヶ谷が紹介する。

本キャンペーンでは、「ひとてま荘」と命名された下町にある一軒家のシェアハウスで、共同生活をはじめることになった藤ヶ谷と玉森裕太が、「このひと手間が、アイラブユー」をキーワードに、春・夏・秋・冬、季節ごと、月ごとに、誰かのためにひと手間を加える楽しさを、サッポロ一番の様々な季節のレシピを通して提案していく。

WEB動画「今月のひとてま荘」は、移り行く季節の中で、「サッポロ一番」を使った季節のレシピを、毎月1日に2人が「ひとてま荘」から紹介するというもの。今回公開された「5月のひとてま荘」の「春野菜のソースやきそば」は、「4月のひとてま荘」で玉森が紹介した「ホクホク新ジャガのみそまぜそば」に続く第二弾となる。

■WEB動画『5月のひとてま荘』 ストーリー

5月のポカポカ陽気に誘われて、「ひとてま荘」2階の広々としたテラスで、愛犬レンゲとともに、おうちキャンプを楽しむ藤ヶ谷。キャンプ用コンロにスキレットを乗せて、「よーし!準備完了! やっぱ、暖かくなってきたら、アウトドアだよなあ。こんな時にぴったりなのは、やっぱりやきそばでしょ!」と、「サッポロ一番 ソースやきそば」を取り出す。

コンロを点火し、スキレットに水と麺を入れ、水気がなくなってきた頃合いで、あらかじめ軽く炒めておいた、アスパラ、キャベツ、豚肉、玉ねぎを入れ、付属の液体ソースをかけて合わせると、香ばしい匂いが。最後に玉子を乗せれば「春野菜のソースやきそば」の完成。早速スキレットから直箸で豪快に頬張る藤ヶ谷は「んー!おいしい!ソースの濃さ、やっぱいいね!旬の野菜が合う!」と大満足の様子。「やっぱり外で食べるのっていいなぁ。今度はホントのキャンプに行こうな!」の声に、レンゲはしっぽを大きく振って喜ぶ。

5月15日には月替わりゲストによるWEB動画『5月のひとてま荘番外編』も公開。

毎月15日に公開されるWEB動画「今月のひとてま荘番外編」は、様々な著名人が月替わりで登場し、季節に合った思い思いの「サッポロ一番」レシピを披露する。「4月のひとてま荘番外編」は料理研究家・リュウジが、「サッポロ一番 塩らーめん」を使ったレンジで簡単にできる「シャキシャキ春レタスの豚塩レモン油そば」を紹介。それに続き、「5月のひとてま荘番外編」では、芸人でソロキャンプYouTuberのヒロシが、大自然の中でつくって食べる「サッポロ一番 ソースやきそば」の魅力を語る。