5月3日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)にペナルティ・ワッキーが出演し、闘病生活を支えてくれた家族への思いを明かす場面があった。

2020年、がん治療のため休養し闘病生活を送っていたワッキーだが、2021年2月に晴れて仕事復帰を果たした。番組ではそんなワッキーと妻・あゆみさんに密着取材しており、2人は8カ月におよぶ闘病生活について語った。

昨今のコロナ禍で「面会はできないので、基本は病室に1人の状態」「ほぼ1人で闘っていたって感じですね」と、入院中は面会もなかなかできず、消灯後も不安で眠れない日々が続いたというワッキー。

また、抗がん剤との相性が悪かったそうで「ずっと気持ち悪くて」「ことあるごとに戻してしまう。とにかく常に気分が悪い」と激しい吐き気に襲われるなど、闘病生活は壮絶なものだったという。

そんな中でも、「子どもとテレビ電話していると、何も考えないで済むというか、普段のパパに戻れる」「いつもの日常の感じがして、ちょっとした幸せを感じる時間でしたね」と、家族との時間がワッキーの闘病生活の支えになっていた。

しかし治療が進む中で、あゆみさんが「(入院)後半からほとんどなくなった」「これたぶん相当キツいんだな」「キツくて、その姿を見られたくなかったんですかね」と語るほど、闘病生活の過酷さからテレビ電話の時間も少なくなってしまったという。

そんな状況になっても、あゆみさんは子どもたちの写真や動画を毎日送り続け、ワッキーを全力で励まし続けた。

闘病中、そして退院後も続く妻の支えに、ワッキーは「一番近くで見ている人間が『絶対大丈夫だから』っていうふうに言ってくれるのは一番励みになりますね」「一家の大黒柱は向こうなんじゃないかっていうくらい、頑張ってくれています」「ありがとうって言葉を何回も言いたいですね」と感謝の思いを語っていた。

次回の「人生が変わる1分間の深イイ話」は5月10日(月)放送予定。