お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が5月6日、とんねるず・石橋貴明の公式YouTubeチャンネルにゲスト出演。石橋に独立後の身の振り方について相談した。

加藤は3月いっぱいで吉本興業とのエージェント契約が終了し、4月からは個人事務所で活動。「加藤浩次が貴ちゃんにだけ話した大事な話」と題して公開された動画に登場すると、「タカさんに独立に関して相談したいなって思ってたんですよ」と言い、石橋は「ほんと心配してるよ」と気遣った。

さらに、加藤が「カメラが回ってないところで、何をすればいいか貴明さんに色々聞きたい」と教えを乞うと、石橋は「それはもう、いつでも」と応じた。石橋もかつては事務所預かりの身から、相方・木梨憲武とともに独立した過去を持つ。「僕の場合、33歳ぐらい。31ぐらいから2年間ぐちゃぐちゃしました」と振り返った。

石橋が「吉本興業という大きな事務所から一人で、向かい風、上り坂に向かっていくっていう中で、(加藤を)応援したい」と告げると、加藤は「最悪、タカさんのところへ行って良いですか?今は一人で頑張りますけど、『これはダメだな』と思ったら、貴明さんのところに。誠(マッコイ斎藤)経由で連絡させてください」と打診。石橋は「全然いいよ」と快諾した。

そして石橋は「芸能界、力があるやつは残りますから。加藤の仕事ぶりを見てるとちゃんとしてるから大丈夫だと僕は思ってます」と、今後の活躍に太鼓判を押していた。