6月26日(土)からスタートする特撮ドラマ「超速パラヒーロー ガンディーン」(毎週土曜夜6:05-6:43、NHK総合)にて、奥野壮演じる主人公・森宮大志(もりみやだいし)の父親役をつるの剛士が務めることが発表された。

同作は“パラスポーツ×特撮”という新たな特撮ドラマ。主人公の森宮大志(奥野)は、幼い頃に交通事故に遭い、障がいを抱えながらも車いす陸上のトップアスリートを目指す高校生。元陸上選手の深井京(小芝風花)は、そんな大志のコーチを引き受ける。

父親の森宮源(つるの)、幼なじみの女子高生・清名理央(中村守里)、源が経営する町工場の従業員トリオに囲まれて、大志は京と二人三脚でトレーニングに励む。

そんなある日、ごう音とともに空から謎の物体が落ちてくる。中に入っていたのはイケメン宇宙人(林カラス)。そして、“グー”と命名されたそのイケメンを追って、巨大怪獣“ラゲルト”が現れる。町工場を襲う“ラゲルト”。そのとき、大志の体は光に包まれスーパーヒーロー“ガンディーン”に変身し、地球を守るために侵略者に立ち向かっていくというストーリー。

■主人公・森宮大志役 奥野壮

明るくポジティブな高校2年生。17歳。8歳のときの自動車事故が原因で車いす生活を送る。夢は宇宙飛行士。そのため体を鍛えようと、パラ陸上 車いすのクラス(1500m)に挑戦している。宇宙人からもたらされたパワーによって、“ガンディーン”に変身する能力を得る。

■ヒロイン・深井京役 小芝風花

体育大学でコーチング学を専攻する大学院生。24歳。元陸上の中距離選手だが、自らの才能に限界を感じ、研究の道に進む。パラスポーツとは無縁だったが、ひょんなことから大志のコーチを引き受ける。

■大志の父親・森宮源役 つるの剛士

大志の父親で、息子を上回る超ポジティブ男。44歳。東京郊外で、町工場「森宮モータース」を経営している技術者。大志の夢をかなえるため、自前で有人宇宙ロケットを開発している。