価値観の違う人々とのルームシェアを通して、川口春奈演じる主人公・真柴の恋と成長を描く“うちキュン”ラブストーリー「着飾る恋には理由があって」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)。

その魅力の一つは、何といっても真柴の周りにいるタイプの違う、個性的な男性陣だ。今回は駿(横浜流星)、陽人(丸山隆平)、祥吾(向井理)のそれぞれのスペックを徹底分析し、真柴の恋の行方を探ってみた。

■藤野駿(横浜流星)
自由気ままに、好きなときだけキッチンカーでバルを営業する料理人。料理の腕は確かだが、かつて持っていた自分の店はうまくいかなかった。シンプルな生活を追求する、超マイペースなミニマリスト。

◆ココが魅力!
マイペースでこだわりが強いため、一見自分勝手に思われる駿。だが実際は落ち込む真柴を不器用ながらも励ますなど、優しい部分も。酒には強くないのか、酔うと絡んでくるところもかわい過ぎる!

◆SNSの反響
#コロコロ変わる表情がいい! #キスシーンがかわいかった #酔った駿最強か

真柴、駿、陽人、羽瀬の4人でキャンプに行った第3話ラストでは、「私のこと好きなのかもね」と言った真柴に対して「そうだね…たぶん好きだね」と笑顔で返した駿。自由気ままなのは変わらないが、酔うとストレートに気持ちを伝えてくる駿の姿にキュンとする視聴者が多いようだ。


■寺井陽人(丸山隆平)
駿のはとこの関西人。かつて有名病院で勤務医として働いていたが、もっと患者を深く理解したい、きちんと時間をかけたいという思いから退職。現在はオンラインカウンセラーとして24時間悩み相談を受け持つ。

◆ココが魅力!
さすがはオンラインカウンセラーというべきか、真柴に限らず周りの話を聞くのがうまく、抜群の包容力がある陽人。親しみやすい雰囲気を持ちながらも、大人の余裕を感じさせるところがたまらない!

◆SNSの反響
#包容力抜群 #話し方が優しい #駿とのやり取りもいい

真柴や駿のフォローをしたり、羽瀬を気遣ったり、常にさりげなく周りに気を配れる陽人。頼れる“大人の男”感と、優しさを兼ね備えた彼にハマる人が続出している様子だ。駿とのテンポのいいやり取りも魅力に。


■葉山祥吾(向井理)
「el Arco Iris」の元代表取締役社長。30歳のときに結婚するも、3年ほどで離婚。細貝(赤ペン瀧川)と共に会社を立ち上げたやり手の経営者だが、突然社長を退任し現状は不明。

◆ココが魅力!
「el Arco Iris」を立ち上げ、軌道に乗せてきた仕事がデキる男。スーツ姿もばっちり決まっているのに、当の本人は身だしなみを気にしなかったり、無邪気で天然なところもあったりと、ギャップが魅力的。

◆SNSの反響
#仕事はデキるのにかわいい #スーツ似合い過ぎ #ギャップがずるい

やりたいと思ったことは即実行タイプで、立ち上げた会社も大きくしてきた祥吾。仕事においては完璧なのに、それ以外の場面ではちょこちょこ天然さがうかがえる。そのかわい過ぎるギャップに引きつけられる人も多い!


三者三様にSNSでも反響を呼んでいる「着飾る恋」男性陣。

中でも、第2話、第3話とかなり駿に気持ちを揺さぶられている真柴。このまま彼女は駿と進展するのか…とも思うが、真柴が長年思いを寄せていた祥吾(向井理)の行方もやはり気になるところ。
そんな真柴の恋愛模様を見届けつつ、時には真柴の気持ちになり自分好みの男性に注目して見るのが、本作の楽しみ方と言えるだろう。

■5月11日放送・第4話あらすじ
駿(横浜流星)の振る舞いに、少しずつ距離が縮まっていることを感じる真柴(川口春奈)。そんな中、陽人(丸山隆平)や羽瀬(中村アン)らを含めた4人に、香子(夏川結衣)はある告白をする。さらに、体調を崩してしまった羽瀬の具合を聞くうちに、真柴はある思いを巡らす。