5月9日(日)放送の「爆笑!ターンテーブル」(毎週日曜昼1:30-1:57、TBS)は、「コラボスペシャル」と題して、番組ならではのコラボステージの数々を届ける。

レイザーラモンRGとテツandトモのトモは、“トモandトモ”のステージを披露。RGがトモに扮し「トモのなんでだろう」をパフォーマンスすると、審査員らは大爆笑。審査委員長の雨上がり決死隊・蛍原徹も「今年1位出ました!」と絶賛する。

また、今回から、出演アーティストとともにマスクを被った謎の人物が登場する新企画がスタート。審査員が「顔が見たいか」を判定し、審査員が1人でも「顔が見たい」と思わなかった場合はマスクを被ったまま強制終了となる。9日の放送でマスクマンと登場するのは「青いベンチ」で知られる男性デュオのサスケ(奥山裕次、北清水雄太)。2人はマスクマンの正体について歌い上げる。

さらに、番組の常連でありギター芸人のお見送り芸人しんいちとAMEMIYAがコラボ。心の叫びを歌にするが、その叫びにMCの平成ノブシコブシ・吉村崇が笑えない事態に。

そのほか、SAKURAIと具志堅用高、モト冬樹とZAZY、次長課長の河本準一とトレンディエンジェルの斎藤司らが、それぞれコラボステージを披露。前回“にんにょう”が話題になった真空ジェシカのガクが再び登場する。