ボーカルグループ・開歌-かいか-が5月4日、東京・草月ホールで結成2周年記念ワンマンライブ「皐月歌」を2部制で開催。この日をもって、メンバーの百岡古宵がグループを卒業した。

開歌-かいか-にとって5月4日は、ステージデビューからちょうど2年という記念日、そしてこの日は百岡にとって、10年にわたるアイドル人生のラストステージ。

初披露のSEとともに、芝生、植物、オブジェなどによって、屋外にいるような開放感と温もりに包まれたステージに姿を現した開歌-かいか-の5人は、「歌の咲く島」で1部をスタートさせる。

美しいハーモニーを聞かせた後は、「セミロング」「ゆびさきに向日葵」、そして百岡がかつて所属していたB♭「Life goes on」、アイドルネッサンス「シルエット」をカバー。百岡は「どちらも本当に、私的に元気をもらった曲なので、今回みんなと一緒に歌えて良かったです」とうれしそうに話す。

ここからは開歌-かいか-の楽曲に戻り、百岡が「私のアイドル10年は本当に青春だったし、開歌-かいか-として活動してきた2年も大きく成長して、今こうして堂々と立っていられます」とコメント。

さらに、「これからは“百岡古宵”として頑張っていくので、引き続き応援していただけたらなと思いますし、3年目として頑張っていくので、百岡古宵も開歌-かいか-のことも応援していただけたらうれしいです」とファンに伝える。

アンコールでは、サンバ調の陽気なリズムが印象的な新曲「サン・マナ・パーニャ!」を4人体制で初披露。そして、再び5人での「ポプラ」で明るく1部を締めくくった。

■自分じゃない毎日を送っていた日々を変えてくれたのは開歌-かいか-でした

百岡にとって本当のラストステージとなる、開歌-かいか-の結成2周年記念ワンマンライブ「皐月歌」2部は「歌の咲く島」で始まり、「セミロング」「かいかのMUSIC」を立て続けに披露。「星雲少女」をBGMに2年分の成長が凝縮されたスライドショーでは、撮影の裏側やレッスン風景などのオフショット中心の映像が流される。

その後、メンバーは新衣装に着替えて登場。新衣装は、応援企画達成で制作された百岡デザインによるもので、スカート部分がアシンメトリーになった柔らかな白いワンピースは、重なった大きな襟が特徴で、開歌-かいか-らしい上品なイメージで制作したと、百岡が紹介する。

MCの後は「アカペラメドレー」、そして百岡が以前に所属していたアイドルネッサンスのデビュー曲「17才」と初オリジナル曲から「前髪」の2曲を歌唱。百岡は「本当に思い出深い曲なので、皆さんと最後に歌いたいなと思って歌わせていただきました」と「17才」「前髪」への思いを明かす。

ライブは開歌-かいか-の楽曲に戻り、「ゆびさきに向日葵」「さふらん」「赤い靴」「星雲少女」をパフォーマンス。ライブも後半戦となり、「星雲少女」では星が降り注ぐなど、VJも幻想的になっていく。

百岡のアイドル活動時代をまとめた映像が流れた後、1人ステージに戻ってきた百岡。ここで、百岡が手紙を読み上げていくことに。

「アイドルネッサンスが解散して、正直、次のステージに進めない自分がいて心の穴がぽっかり開いていて、自分じゃない毎日を送っていた日々を変えてくれたのは開歌-かいか-でした。アイドル10年の幕を閉じてくれるのは、開歌-かいか-で良かったなと思っています。これからは、1人の百岡今宵として応援してくれたらうれしいです」と、ファンに思いを伝えた。

そして、ライブ本編は5月4日にデジタル・リリースされた堂島孝平のカバー「Blue Fantasia」で終了。アンコールでは1部同様、新曲「サン・マナ・パーニャ!」を4人体制で披露し、花びらの映像が舞う中、「ポプラ」で5人は笑顔と涙の結成2周年記念単独公演を締めくくった。