5月29日(土)のコンサートでHKT48から卒業する森保まどかのラストフォトブック「スコア」(KADOKAWA)が、26日(水)に発売。糸島や能古島、中洲など、全てHKT48の本拠地である福岡で撮影された1冊。同期の1期生やユニット・Chouとの共演、エッセーやロングインタビュー、森保自身が所有していた写真など、盛りだくさんな内容になっている。

森保も「100点満点のお気に入りの1冊」と自信を見せるフォトブックについて話を聞いた。

■全部かなっちゃいました!

──発売前にして、すでに通販サイト各社で予約ランキング1位になっているみたいですね。

ありがたいですね。そう言われても本当かな?って半信半疑なんですけど、うれしいです。

──2015年のファースト以来、2冊目の写真集になります。

17歳か18歳くらいのころでしたけど、今回のお話をいただいて、写真集ってどんな感じだったかなと思って見返しました。

「写真集の撮影が入るかも知れない」と聞いたときは、卒業コンサートのグッズのようなミニ写真集だと思ったんですよ(笑)。そしたら、本格的な写真集だって言われて「うれしい仕事が決まりそうだから、実現するようにお祈りしてて」ってモバイルメール(メール配信サービス)で匂わせちゃいました。黙っていられなくて、書いちゃうくらい撮影が楽しみでした。

──写真も文章も盛りだくさんな内容になっていますね。

最初にスタッフさんから「何をやりたい? どこに行きたい? 食べたいものはある?」みたいなアンケートをいただいて、いろいろ書き連ねていたら、それが全部かなっちゃって、いいんですか?って思いました。おかげで100点満点のお気に入りの1冊になりました。
──ロケ地は初訪問の土地も含めて、すべて福岡ですね。

HKT48劇場は旧劇場周辺の飲食店や思い出の店も含めて、絶対に入れたいと思っていましたけど、他にも行きたいなと思った場所は全部入れました。中洲はデビュー当時にレッスンで通っていた場所なので、行きたいと思ったんですけど、思いがけず屋台初体験することになって、夜ごはんを食べながら撮影しました。焼きラーメンがおいしかったです。

ほかにも糸島の自然豊かなところで撮ったり、油山っていう福岡では高めの山の中で撮ったり…。能古島に渡るフェリーにも初めて乗りました。フェリーの中でも撮影したんですけど、他のお客さんもいらしたので遠慮しながら撮っていたら、関係者の方が優しくて「どうぞどうぞ!」なんて言って、フェリーの真ん中で撮らせていただけました。

■メンバーへのメッセージは読んでほしいけど、恥ずかしい

──ロケ以外にスタジオでの撮影もありますね。

普段のグラビアでは大人っぽい、格好良い写真を求められることが多かったんです。水着も黒が多かったり(笑)。今回は鏡越しにウインクしたり、テヘペロとか舌を出したり、いつもとは違ったプライベートな感じで撮っていただきました。

衣装に関しても素に近い感じのものをたくさん用意していただいた中から選んだんですけど、自分のクローゼットの豪華版みたいでうれしかったです。

──同期の1期生やユニット・Chouのメンバーとの写真もあります。ソロ写真集に他のメンバーが写っているのは珍しいですよね。

「Chouで写真集を作りたい」って、ずっと言っていたんですよ。私が卒業する前に今のメンバーでちゃんと写真を残しておきたいと言って実現しました。松岡菜摘ちゃんとは何度かグラビアをやっていますけど、「二人でがっつりと撮るのはこれで最後だね」なんて言いながら。「前にもこういうのあったよね」なんて思い出話をしていました。

山下エミリーちゃんとは糸島のスタジオで撮影したんですけど、どこで撮ろうかっていう話になって。エミリーちゃんが「この柱がいい!」と言って、二人で柱をはさんで抱き合うという…不思議な構図になりました(笑)。

1期生は同期として切磋琢磨してきたメンバーなんですけど、熊沢世莉奈ちゃんや村重杏奈ちゃんとは二人で撮影するのが初めてだったので、新鮮でした。
──お互いにメッセージも寄せていますね。もう読みましたか?

私はみんなからのメッセージは読みましたけど、みんなは本が出来上がるまでは見ないと思います。読んでほしいけど、ちょっと恥ずかしいですね。

他に私のエッセーはプライベートな日記からの抜粋みたいな感じになっているんですけど、一つだけファンの方に向けて書きました。

■HKT48卒業後の目標は…幸せだなと思える瞬間がある人生を

──今回の写真集は「スコア」というタイトルですが、曲に例えるとしたらどんな”楽譜”になりましたか?

私は元々、感情の起伏が少ない方で、あまり激しく泣いたり怒ったりしないんですよ。でも、この写真集はいろんな感情が入っている、激情的な楽譜になっていると思います。作曲家で例えるなら“ベートーベン”。激し目な曲ですね。

──確かにクール系な印象はありますよね。

ボイトレの先生からも「指導するのが難しい」ってよく言われていました。他の子は感情が上回っていて、技術を修正する感じで指導できる。でも、感情表現を指導するのが難しかったって。AIみたいって言われていました(笑)。

でも、ソロアーティストとは違って、グループは連係プレーなので、こういう子がいてもいいのかななんて、ちょっと開き直ってやっていました(笑)。アイドルらしいアイドルではなかったかも知れないけど、そんな私のことを求めてくださるファンの方がいらしたのはありがたいことだなと思っています。
──いよいよ卒業が近付いてきました。

最後の…って付くことが増えてきて、実感し始めてきました。最後のシングルもリリースされますけど、MV撮影やレコーディングの終わりに、花束をいただいたり、記念写真を撮ったり、最後のあいさつをしたりしているので。そんな一つ一つをかみ締めています。

──HKT48卒業後の目標はありますか?

好きな仕事や個人的に熱中できること、すてきな人たちとの出会い、何でもいいので幸せだなと思える瞬間がある人生が送れたらいいなと思っています。

取材・文=青木孝司