川口春奈が主演を務める火曜ドラマ「着飾る恋には理由があって」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の第4話が5月11日に放送された。真柴(川口)と駿(横浜流星)が急接近していく一方で、1話ラストで真柴の前を去って以来連絡もない葉山(向井理)に動きが…。葉山復活を願う視聴者から歓声が上がった。(以下、ドラマのネタバレがあります)

■送らなかったメッセージ「色々ごめん。もうすぐ日本に…」

「着飾る恋―」は、2020年に放送し大ヒットした「恋はつづくよどこまでも」をはじめ、幅広い世代の女性の共感を呼ぶ脚本で人気を博す金子ありさが手掛けるオリジナルドラマ。

きれいに着飾ることで自分の居場所を得ていた真柴くるみが、“ミニマリスト男”藤野駿や、関西人のオンラインカウンセラー・寺井陽人(丸山隆平)、“アーティストの卵”羽瀬彩夏(中村アン)、人気フードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)とひとつ屋根の下で暮らしながら、自分らしい生き方を見つけていく“うちキュン”ラブストーリーだ。

第4話では、羽瀬が体調不良を訴えたことから始まるエピソードが描かれた。妊娠では、と緊張する羽瀬と真柴、駿、そして陽人。結果、どうやら羽瀬の体調不良は一時的なものだったようだが、この出来事で一同の距離はさらにもう一歩、近付いたのだった――。

そんな第4話ラストでは、真柴が長い間あこがれてきた元社長・葉山に動きが。海外にいるらしい葉山が白いパーカー姿で現れ、スマホで「真柴、色々ごめん。もうすぐ日本に…」とメッセージを打ち込む姿が映し出された。

結局メッセージは送らず消去されたのだが、葉山が再び真柴の前に現れるようなことがあれば、真柴、駿、そして葉山の三角関係に進展していくことは必至だ。

■真柴と駿・葉山の三角関係のゆくえに視聴者「いよいよ…」

また、第4話では回想シーンでも葉山が登場した。雨の中、中国人の著名デザイナーに英語で「いつかあなたがデザインした商品を売らせてください」とイキイキと語っていた葉山。その姿からは雑貨を売ることへの情熱がほとばしり、視聴者からは「葉山社長カムバックですか!?」「ほんの数分だけの登場で向井理に心持ってかれた…」「向井くんの白パーカー姿最高!!」「英語ペラペラの向井理にシビれた!」といった声が上がった。

そして、真柴と駿が急接近するこのタイミングでの葉山カムバックの予感には、「いよいよ葉山VS駿なの!?」「葉山さんここで帰ってくるんだ…」「駿強すぎるから、今からじゃもう遅いかも」「葉山推しだけど、駿と真柴のラブラブももっと見たい!」と、今後の三角関係を予想して盛り上がる声も。

Twitterでは「#着飾る恋には理由があって」が放送終了直後までに2万以上のツイートを集めてトレンド世界一に。また、Yahoo!検索ランキングでは「向井理」がトレンドトップ10圏内に浮上。葉山再登場に期待する声も大きいようだ。

第5話は5月18日(火)に放送する。真柴は他のシェアハウスのメンバーに知られないように駿をデートに誘うが、駿からの提案はこうじの散歩。恋人らしい特別感がほしい真柴と、変化を望まない駿…真柴はお互いの価値観の違いに不満と不安を募らせる。

一方、陽人は、相談者、舟木(黒川智花)からのカウンセリング回数が増えていることを心配していた。そんなある日、陽人のみならず、真柴、駿をも巻き込む騒動が起こる。さらには、シェアハウスに香子の元夫・礼史(生瀬勝久)がやって来る。