6月9日(水)に発売する乃木坂46の27thシングル「ごめんねFingers crossed」のミュージックビデオが、同グループ公式YouTubeチャンネル「乃木坂配信中」にて公開された。


今作は“カーレース”をテーマとして、4月中旬に2日間にわたって茨城県内の巨大な鉄鋼プラントにて撮影された。

撮影にはグループ初の試みとなる実際の車が使われており、「与田祐希・賀喜遥香・遠藤さくら」チームと「齋藤飛鳥・生田絵梨花・山下美月」チームの3対3の走り勝負で、それぞれの背景やドラマが交錯するレースが展開される。

■雨の中で撮影を敢行…渾身の力を振りしぼりダンスシーンを撮影

使用した車はレース仕様にチューンナップされているもので、6台の合計の値段はおおよそ1億円。移動の運転は、それぞれオーナーが行なっていたが、そのスピードと音の迫力にメンバー・スタッフ一同驚くばかりだったそう。

また撮影は2日とも雨に見舞われ、降ったり止んだりの繰り返し。スタッフが雨雲レーダーを入念にチェックしながら撮影に挑んだものの、メインのダンスシーンは雨の中で撮影を敢行。全メンバーが渾身の力を振りしぼって撮影したダンスシーンとなった。

監督は、2016年「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「BEST VIDEO DIRECTOR」を受賞し、乃木坂46では「君に贈る花がない」「Wilderness world」など数多くの作品を手掛けた映像ディレクター・東市篤憲氏が担当した。