2008年のスタート以来、毎年TBS系で決勝戦を生放送しているコント日本一を決める大会「キングオブコント」。その2021年大会へのエントリー受付が5月14日(金)からスタートした。

今大会から即席ユニットでの参加が認められることとなったキングオブコント。このルール改定を受け、SNSでは相方やユニットメンバーの募集を呼びかける芸人が続出。例年以上に多くのエントリーが予想される。

そんな中、いち早く参戦を表明した芸人がTBSのスタジオに集結。マヂカルラブリー、おいでやすこが、ザ・マミィ、空気階段、かが屋、相席スタートの6組が意気込みを述べた。

■マヂカルラブリーのコメント

「R-1ぐらんぷり2020」「M-1グランプリ2020」を制し、お笑いのグランドスラム3冠を目指す野田は「そもそも僕はTBS出身みたいなもので、『学校へ行こう!』の“お笑いインターハイ”で優勝していますから既に3冠です。これで4冠です。M-1ではコントをやらせていただきましたので、キングオブコントでは漫才をやろうかなと(笑)。欲しいです!この冠が」と熱くコメント。

村上は「過去イチの荒れっぷりになるでしょう。下北のシュール劇団とかも出てくるかもしれない。板付きで舞台の照明が点いたら200人くらいが、メチャクチャ狭いところに立っている…みたいなことをしてくる人がいるかもしれません。予選が荒れちゃう。変わったことをする人たちの後は、場がおかしな感じになるじゃないですか。戦い方もいろいろ変えなきゃいけないですね」と冷静に今大会を予想した。

また、ライバルについて聞かれた村上は「チョコレートプラネットと僕らはマネージャーが一緒なんで、チョコプラが出てきたら、マネージャーがどっちを応援するかが気になる」とコメント。野田は「まだ参加表明していないですけれど、同じ2冠を獲っている霜降り明星。なんか、最近コントも劇場でかけてるみたいで、キングオブコントに出るか聞いたら粗品がはぐらかすんですよ。出るって言え〜!」と、霜降り明星の参戦を挑発。早くも対決モードに突入している様子を見せた。

■おいでやすこがのコメント

それぞれピン芸人として活動する2人は「M-1グランプリ2020」の準優勝でブレイク。即席ユニットでの参加がOKとなったことをうけ「キングオブコント」にも名乗りをあげた。

こがけんが「♪やっぱり“おいでやすこが“、“これはユニット”、キングオブコントに今まで、そういうルールはなかった。これまでは芸歴があるのに出られなかったピン芸人やユニットが結構いました。ピン同士で組んで、やっと出れるということで超うれしい!」とリズムに乗ると、おいでやす小田が「ようしゃべるなー!」と挟み、コンビのカラーを出しながら意気込みを述べた。

警戒する組を聞かれると、こがけんは「Wコウジさんですかね」とボケ、小田が「でるか〜い」とツッコみ笑いを誘う一幕も。小田は「ホントにこれは噂ですけど、『R-1グランプリ2021』で優勝したゆりやんが去年『THE W』を獲った吉住と一緒にやるって話もあったり、いろいろな話が出ています。そもそも、僕はゆりやんと組んで、毎年キングオブコントに無理やり出ようとしていたんですよ。でも、即席ユニットはダメって結構厳しく断られるから、もうアホなふりしてエントリー用紙書いて出したんですよ。そしたら、バツされて返ってきました。昔はホントにめちゃめちゃ厳しかった。だからこそ、今回のルール改正で出られるのはめちゃくちゃうれしいです」と、今回の挑戦へ至るエピソードを明かした。

■空気階段のコメント

2年連続ファイナリストの空気階段・鈴木もぐらは「2回ファイナルに出ていますけど、まだまだ。今まで10年間挑戦して払ってきたエントリーフィーの2万円分を優勝して取り戻したいと思います。そして1000万円とったらホッピーを買います。中外セットで400円ですので、相方と半分の500万で割って…1万2500杯飲ませていただきます」と述べた。

一方、水川かたまりは「離婚しましたので、戸籍にバツがついている人も優勝できるよということを証明したいと思います」とコメント。すかさず鈴木が「僕らは勝利の女神を失っていますから、神の力を借りずに、人間の力で頑張ろうと思います」と意気込みを述べた。

警戒しているユニットを聞かれ鈴木は「警戒する組が多すぎる。でも、芽を摘む感じで出場辞退させればいいわけなので、おいでやすこがさんのマネージャーさんからエントリー用紙をパクッて捨てようと思います!どんな手を使ってでも勝ちます」と語り、水川は「“即席ユニットが出るのは寒い”という空気を出していって出場させないようにしていこうと思います」と空気階段らしいジョークで会場を笑わせた。

■ザ・マミィのコメント

2年連続セミファイナリストのザ・マミィ。林田洋平は「他の皆さんと違って、この場も試されているといいますか、ここで失敗したら2回戦あたりでつまずくこともあるかなと。いままで皆さんが決勝に行く姿を見ていましたから、今年こそは決勝に行って優勝したい」と述べ、酒井貴士は「よく顔が似ていると言われる事務所の先輩で、キングオブコントの決勝にも出た巨匠(2016年解散)の岡野陽一の兄者に、僕がサングラスかけてたら“お前はキングオブコントをとるかサングラスをとるか選べ”って言われたので、キングオブコントで優勝してサングラスを堂々とかけたい。とにかく去年よりもおもしろく。それしかないです」とコメント。

警戒するユニットを聞かれると林田は「この会見を見て文句を言ってきそうなのが、ファイヤーサンダーの崎山祐さん。決勝に出ていた方とテレビに出ると、よく“決勝行ったツラするなよ”ってこっちを睨みつけているかなと。あとはホリプロコムのさんだるさん。名前をあげないと怒られそうなので」と気遣いのコメント。

酒井は「警戒する相手は己自身です。己に負けないように。人のことを言っている場合ではないです。自分を甘やかさないことです。結局、自分に打ち勝つことで勝負にも勝てると僕は思っているんで。パチンコもそうですけど!」と、大勝負を好きなパチンコに例えた。

■かが屋のコメント

昨年不出場だった、かが屋。加賀翔は「僕は去年出られなかったので、ジャルジャルさんが優勝する姿を家で見ていました。うれしさと、せめてその場に居たかったという悔しさもありました。今年はみなさんの不安を吹き飛ばすような元気いっぱいの姿を見せて、優勝を狙います。実家の流し台が壊れて、お母さんが風呂場で食器を洗っています。1000万円で実家のリフォームをします」と意欲的。

賀屋壮也は「2019年大会で点数が一緒だったネルソンズさんとビスケットブラザーズさんと一緒に、また決勝に出たいと思っています。あんまり言ってはこなかったんですけど、優勝を狙って真っ向勝負で頑張ります。そして1000万で電子書籍のマンガを買います」と語り、加賀が「そうなるとゾフィーさん、ザ・マミィさんとも一緒に決勝に出たいですね。空気階段さんは去年もいい感じを出していましたので意識しています」とライバルの名をあげた。

今大会から可能となった即席ユニットでの出場について加賀は「実は事務所の先輩のルシファー吉岡さんに”内緒で一緒に出よう”と誘われていまして、ちょっと待って欲しいと言いました」と語り、何も聞かされていなかった賀屋は「なんで。断れよその場で」と怒り心頭。しかし、「でもいいネタがあるみたいなんで」と加賀から聞くと、賀屋はネタの内容に興味を示していた。

■相席スタートのコメント

女性初のキングを狙う山崎ケイは「今年こそ8度目の正直で、まずは決勝に行きたいです。昨年結婚しましたので、お金を手に入れてマンションの頭金などにさせていただきたいと思っています」と意気込みを語り、山添は「キングオブコントドリームを一番信じていますし、願っています。ケイさんからのものも含めて借金を全部返して、自立した毎日を送ります。待ってろ!キングオブコント」と気合を入れた。

山崎は「結局コンビ2人ともお金のために優勝を目指しているような形になってしまいました(笑)」とまとめた。

即席ユニットの参加に関して山崎は「おいでやすこがさんがブレイクしましたが、そういう流れのような気がします。私たちが男女コンビを組んだ時にも、男女コンビの流れがありました。即席ユニットが持つ勢いとか、今それを受け入れる空気感みたいなワクワク感もあるし、私たちがバチバチで戦いに行っているところで、ちょっと気の抜けた即席ユニットが来ると恐ろしい」と話し、山添も「そうですね。にゃんこスターさんのような現象。即席ユニットには、あの駆け上がっていくような勢いがありそうな予感がします。我々は地に足を付けて頑張るしかありません」と気を引き締めた。

※崎山祐、山崎ケイの「崎」は、正しくは「立つ崎」