女優の吉永小百合と広瀬すずが、5月16日放送の「日曜日の初耳学」(MBS/TBS系)にそろって出演。林修のインタビューに答え、意外な“負けず嫌いエピソード”などを語った。

■広瀬すず「勝ち負けにこだわっていた時期はありました」

吉永は、122本もの映画に出演し日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を4度受賞した国民的女優。そして広瀬は、「今最も勢いのある20代女優ランキング」(gooランキング)1位にも選ばれた若手随一の注目株。そんな二人は、ともにストイックで負けず嫌いだという。広瀬に至っては、2018年に出版したフォトエッセーのタイトルも「負けずぎらい。」だ。

林先生が「お二人とも“負けず嫌いでストイック”とおっしゃっている」と振ると、吉永は「私は負けず嫌いっていうより、すごく怠け者なんですね、本当は。だから、そういう自分に負けないように、とは常に思うんです」と自己分析。

広瀬は「ダンスだったり百人一首だったり、(役で演じる競技を)中途半端なまま人前で披露する勇気がなくて。完璧にしたいんです」「(同世代の共演者に)ちょっとでも負けていると思うのがすごくストレスでした。スポーツ(バスケットボール)もやっていたので、スポーツ精神が全然抜けなくて。勝ち負けにすごくこだわってやっていた時期はありました」と振り返った。
さらに二人は、プライベートの負けず嫌いエピソードも披露。30年間水泳を続けていたという吉永は「タイムレースで(目標の)1キロを20分で泳ぐというのができなくて、2年ぐらい。もう悔しくて悔しくて…」、広瀬は「ジムでランニングマシンを走っていて、自分よりも先に始めていた方よりも速いペースで、より長い時間走ろう!って。ジムに行くと毎日やっていました」と、それぞれ負けん気の強さをのぞかせた。

そんな二人に、林先生は「どの世界においてもトップに行く人は100%負けず嫌いですよ」と感嘆しきり。「お二人は本当に自分に厳しい“真の負けず嫌い”。だからこそ、映画界のトップにいるんだと思います」としみじみ語った。

■「すずちゃんに手紙を出したことがあるんです」

二人は、14歳でデビューしたという点でも共通している。林先生が「デビュー当時の吉永さんと広瀬さんが似ているとネットで話題になっているんです」と伝えると、広瀬は「本当におこがましいんですけれど」と前置きしつつ、「以前、吉永さんを撮られた映画のカメラマンさんから『若い時の吉永さんそっくりだよ』と言っていただいたことがあって」とうれしそうに回想。

一方、吉永も以前から広瀬に注目していたという。2019年に「林先生の初耳学」に出演した際には、林先生に「今注目されている女優さんは?」と問われ、「広瀬すずさんがすてきだなと」「彼女のお芝居がとても好きです。心から演じている」と話し、共演を熱望していた。

5月21日(金)に公開となる二人の初共演映画「いのちの停車場」は、そんな吉永の希望がかなった作品だという。「広瀬さんと共演したいと言ったんです」と吉永が明かすと、広瀬も「台本とか企画書を読む前に、吉永さんと(共演)ということで、ぜひお願いします!と」と即答だったことを打ち明けた。

相思相愛の二人には、今回の初共演以前から親交があった様子。吉永は「実はね、すずちゃんに手紙を出したことがあるんです。その返事をもらった時、『えっ!』っていうくらい字が上手でビックリしました」「(手紙をやりとりしたことは)二人の秘密なんです」と、プライベートでの交流をテレビ初告白した。

トークからは、吉永と広瀬が互いにリスペクトしている様子がうかがえる。「デビュー当時の二人の雰囲気が似ている」という話題では、吉永自ら「女の一代記の話があったら、前半はすずちゃんがやって私が後半をやるとか」と驚きの共演プランを提案。スタジオゲスト陣からも「それは見たい!」「実現しそうだな」と期待の声が上がっていた。

インタビュー後編は、5月23日(日)に放送。林先生が吉永、広瀬のプライベートに迫る。