恵比寿マスカッツが5月16日に無観客オンラインライブを行った。2019年12月27日以来、約1年半ぶりの開催。現在所属するメンバー30人を10人ずつに分け、3部構成でそれぞれユニット曲なども初披露した。第1部では、MOMOROCKが楽曲披露したほか、カッコかわいいキュートな印象にあふれたチームメンバーと楽曲で、この日の3部構成のライブを勢いづける盛り上がりを見せた。ライブ終了後、第1部MCの2人に感想や裏話を聞いた。


■3部構成のライブを開催

新型コロナウイルスの影響を受け、2020年の4月・5月、10月、12月に予定していたライブがいずれも延期および中止に。今回も無観客というだけでなく、非接触型体温計での検温や手指の消毒などの対策を徹底しながら行われた。

メンバー構成は次のようなチーム制に。第1部は、ユニット“MOMOROCK”メンバーの桃乃木かな、辰巳シーナ、如月さやの3人と、市川まさみ、羽咲みはる、架乃ゆら、桜もこ、友田彩也香、奈良歩実、栄川乃亜。第2部は、ユニット“紅蠍”メンバーの吉澤友貴、神崎紗衣、宮村ななこ、山岸逢花、広瀬りおなの5人と、由愛可奈、黒沢美玲、なつ葵、希島あいり、深田結梨。第3部は、ユニット“ATM”メンバーの石岡真衣、藤原亜紀乃、松岡凛、まいてぃ、白藤有華、松本ゆん、小林ひろみの7人と、三上悠亜、川上奈々美、みひろ。登場チーム以外のメンバーはフェイスシールドを付け観客席からライブを盛り上げた。

■おなじみの衣装で登場!

マスカッツのおなじみユニフォームで登場した第1部チーム。近年の代表曲となった「EBISU ANIMAL ANTHEM」からスタートし、メンバーやファンのテンションを超特急で上げていく。曲終わりにはグループリーダーの市川は冒頭で、「昨年12月は突然のライブの中止となってしまい、本当に申し訳ありませんでした。今日はどうか心ゆくまで楽しんでいってください!」とあいさつ。仕方ない状況ながら、ファン以上にもどかしく思っている気持ちがうかがえた。

「コロナのせいでライブ出来なかったじゃねーか!バッキャロー」の叫びとともに、「バッキャロー」。鬱憤を晴らすかのようにメンバー全員の熱唱がマイクを通して観客に届けられた。続いてクールな「Twenty-Nine」では、ラップ調のパートで桃乃木がかっこかわいく披露したあと、奈良の独特かつ真面目なラッブにメンバーはザワザワし始める。各メンバーの振り幅が大きく楽しめるマスカッツライブの醍醐味を久々に思い出していく。さらに「ジャンジャンパーレー」でも奈良のユニークさがにじみ出る煽りに引っ張られ盛り上がり続ける。

■MOMOROCK、「PUZZLE」をライブで初披露

そしてMOMOROCKの3人がユニット衣装に着替えて登場し「PUZZLE」をライブで初披露。念願のロックな1曲を披露できたことに笑顔がもれる3人、配信で見ていたファンもコメントで応戦する。

そんな中、声がかれてしまうリーダーで第1部MCの市川。同じくMCの友田は「ライブ久々すぎてすでに声がかれております」、メンバーも「いつも通りですね!」とフォロー。「戻ったのでいきますね」と話し始めるもやっぱりかすれてしまい、「かれとるなーやっぱり」とのメンバー間のツッコミも。この流れるようなやり取りにも懐かしさを感じる。

MOMOROCKの楽曲披露後、「先ほど披露させていただいた、MOMOROCKの桃乃木かなです」「辰巳シーナです」「如月さやです」と自己紹介。
「やっといけたね!」「生で見れたこの衣装!うれしい」との声に「メンバーの前で踊るのも初めてですし、皆さんに見ていただくのも初めてなのでめちゃくちゃ緊張したよね」と桃乃木が言うと、「しましたね」「始まる前に感極まりそうになって」とコメント。さらに、如月の衣装がバージョンチェンジしたことが明かされる一幕も。貴重な衣装姿に、スクショタイムが設けられファンは大盛り上がりだったが、「ぶっちゃけアーカイブでも撮れるんだけどね」と本質を突き笑いを誘う一言も。

■少しクセの強い自己紹介が続々

そして他のメンバーも、ややクセが強めの自己紹介を行った(一部抜粋)。
「奈良歩実と申します!よろしくお願いします!久しぶりでわくわくしてまーす、よろしくう!」
「“ぴょんぴょんぴょん”こと、羽咲みはるです。皆さんお家でサイリウム、ペンライト、フリフリしてくれてますか?画面の向こうからも声が聞こえました。ありがとうございます。今日も最後まで盛り上がって楽しみましょう!」
「はーい、もこもこもこ〜、桜もこです。皆さん、画面の向こうから…どうですか?一緒に楽しみましょう、ばいばーい」
「この後すごいいやなんだけど(笑)。皆さんお久しぶりです!辞めておりません、友田彩也香です!今日は無観客でのライブになったんですけども、少しでもこちらの熱気が皆さんに届くようにパフォーマンス引き続きさせていただきますので皆さん!お家からコールお願いします!」
「恵比寿マスカッツ5代目リーダーの市川まさみです。しょっぱなから声カラッカラですけど、いつもはクリスタルボイスでやっております!今日は楽しみましょう」
「架乃ゆらです、第1部のライブリーダーを務めております!でも打ち合わせの日程を取ったことしか仕事をしておりませんけれども、第1部の皆さんすごく協力的というか優しい方が多かったので良い経験になりました」
「新メンバーの栄川乃亜です。今日は私にとって初のワンマンライブということで最初緊張してたんですけど、パフォーマンスをしていくうちに慣れてきまして、すごい今楽しいです」

2020年12月がお披露目予定が延期となっていた3期生の栄川は、「活動している日数が少なくて、私はマスカッツメンバーと言っていいのだろうか」と思っていた時期もあったそう。「初めてのマイクの持ち方じゃない」「プロだよね」と先輩からの褒め言葉に栄川は、「圧かけないでください(笑)」と返し笑顔を見せた。

ここで、今回のライブタイトルが「ライブタイトル決めてなかったんです2021年春」となっていたことに触れ、ファンからライブタイトルを募集することに。その中から正式なタイトルを一つ選び、第3部のラストで発表することが告げられた。

最後は「2021年はまたライブするぞー!」との力強い宣言も飛び出し、「ビビる-Bodyで-Boo」「Sexy Beach Honeymoon」の2曲を熱く歌い上げテンション最高潮で第1部を締めくくった。

■第1部セットリスト
M1. EBISU ANIMAL ANTHEM
M2. バッキャロー
M3. Twenty-Nine
M4. ジャンジャンパーレー
M5. PUZZLE
M6. ビビる-Bodyで-Boo
M7. Sexy Beach Honeymoon

ライブ終了直後に、MCを務めた市川と友田に感想を聞いた。


■MCの市川まさみ&友田彩也香にインタビュー

――おつかれさまです、ライブ盛り上がりましたね…!お2人でのMCはいかがでしたか?

友田:私はMCが初めてで。リリイベとかではあるけど、ライブでは初めてでした。でもいっちーが声出なくなったのはびっくりだったよ。
市川:リハーサルの時点でちょっとおかしくて。
友田:いっちーさ、緊張しすぎると声出なくなる人だから。一回フィリピンでもあったよね。
市川:緊張しすぎて、リハーサルで声張りすぎて本番かれるっていう…。
友田:でもそれがいっちーらしくて。たぶんファンの方にも気持ちは伝わったと思います。

――チーム制で10人ずつのライブっていう形も、これはこれで楽しめましたね。

市川:こういうライブもいいなって思いました。
友田:フォーメーションと歌割とMCとをチームメンバーで決めてね。
市川:そう、それがやりやすい部分もあったよね。メンバー同士のお互いの性格とか、この子ここで歌わせたら面白いよねって分かるから。
友田:いっちーが、歌割とフォーメーションをやってくれて、架乃ゆらがライブリーダーをやってくれて。みんなでZoom会議したり、LINEグループ作ったり。鬼LINEして(笑)。でもまたいっちーが寝れない日が続いたのかなあってところは心配になりました。ライブになると忙しくて寝られない人なんですよ。だから出来るだけ私たちも出来ることがあったら言ってねって言うんですけど、全部やってくれちゃう人なんです…。でもチームワーク良かったよね!
市川:うん、第1部は私しか1期生がいない分、メインの2期生に引っ張ってほしいなって思いもあったんです。それを言わなくてもみんな積極的に動いてくれたので、私としてはすごくありがたかったです。

――久々のライブを終えた今の気持ちは?

友田:楽しすぎて記憶がないです(笑)。ぶっつけ本番の奈良ちゃんの面白さも良かった!ファンの方がいないことだけが残念で…でも感想聞いたりTwitter見たりするの楽しみ!
市川:え、逆に見るの怖いんだけど…。
友田:大丈夫だよー!
市川:今回3チームに分かれてそれぞれの意見があって、改めてメンバーの意見を聞けたのはすごく良かったです。普段もっとメンバーの話聞かなきゃって思いました。
友田:十分聞いてるよ、それ以上聞いたらいっちー倒れちゃうから…。
市川:そうかな(笑)。今日見ていて、3チームそれぞれの色がちゃんと出せたし、すごく良いライブになったと思います。オンラインに慣れない部分もありましたが、それはまた次に生かせたらいいな…!