石原さとみと綾野剛がW主演を務めるドラマ「恋はDeepに」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)に、「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ・碇シンジ役や「美少女戦士セーラームーン」シリーズ・セーラーウラヌス役などで知られる、声優・緒方恵美の出演が決定した。

「恋はDeepに」は、海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音(石原)と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)が“巨大マリンリゾートの開発”で出会い、運命的な恋に落ちるというラブコメディー。

これまで、同ドラマには「ウツボ」役の若本規夫、「ミノカサゴ」役の高山みなみ、「アユカケ」役の梶裕貴、「クラゲ」&「カニ」役の花澤香菜と、声優陣が続々と登場。第6話で緒方は、海音と倫太郎の窮地を救う役で出演する。

■第6話あらすじ

鴨居(橋本じゅん)が警察に連行され、一人きりになる海音(石原)。心配する倫太郎(綾野)は、海音を蓮田家に招待する。 それを知った藍花(今田美桜)たち研究室の仲間も蓮田家に押しかけてきて、仲間の温かさに嬉しくなる海音。

一方、榮太郎(渡邊圭祐)の隠し事が気になる藍花。コソコソと椎木(水澤紳吾)とやりとりする榮太郎は、とある株の売買を進めている様子。

その夜、倫太郎は海音に、自分が海中展望タワーにこだわる理由を打ち明ける。そして、海音に出会ったことで「予定が狂った」と切なく微笑み、海音にまっすぐな気持ちを伝える。

倫太郎への気持ちに歯止めが効かず、地上での生活に未練を感じ始める海音。しかし海音の正体を巡って、研究室はさらなる窮地に立たされる。