5月19日、名古屋・栄にあるSKE48劇場では、チームKII「最終ベルが鳴る」公演が開催。同公演で、5月末にSKE48を卒業する竹内彩姫が劇場最終公演を迎えた。

公演にはこの日の主役である竹内のほか、同じくチームKIIの青木詩織、荒井優希、大場美奈、北野瑠華、古畑奈和、水野愛理が出演。さらに竹内がかわいがっている後輩の井上瑠夏がチームSから参加した。

ステージの幕が開くと、センターポジションには水野の姿が。1曲目の「マンモス」から「最終ベルが鳴る」「ボーイフレンドの作り方」「偉い人になりたくない」と4曲連続で披露すると、その後のMCでは水野が「彩姫さんが『愛理のセンターがもう1回見たい』って言ってくれたおかげで、今日はセンターをやらせていただいています」と、センターに立った舞台裏を明かした。

一方、竹内は「今日が卒業公演という実感があまりないんですけど」と言いながらも、客席がファンのペンライトによって自身のメンバーカラーのピンク色に染まった光景に、「このピンクの客席を見て、『あ、卒業するんだ』ってちょっとずつ実感が湧いてきた気がします」と率直な気持ちを語った。

公演は終始明るい雰囲気で進んでいったが、アンコール3曲目の「支え」では竹内の同期の青木と北野が思わず涙。

続いて、セットリストが竹内の卒業ブロックになると、竹内は井上と2人でNMB48研究生の楽曲「夢は逃げない」を披露。竹内から井上に、曲を通して“頑張れ!”とエールが送られた。

その後、竹内は大場と水野と共に「ハート型ウイルス」をパフォーマンス。着替えのため竹内が一旦ステージを後にすると、舞台上には青木と北野が登場し、同期の日高優月、井田玲音名、鎌田菜月、熊崎晴香と中継をつないで、前日18日に行ったばかりの「SKE48 6期生Zepp Nagoya 単独ライブ2nd 〜6期が好きだ〜 Supported by ゼロポジ」のことを振り返った。

4人との中継が終わると、この日のために作ってもらったというドレスを着て竹内が再登場。竹内最後の劇場公演も終わりが近づいてきたことを感じさせると、井上が手紙を読み上げて竹内へこれまでの感謝を伝え、さらに水野は竹内の妹からの手紙を代読した。

そして、竹内は「すてきな卒業公演を開いてくださった全ての皆さま、ありがとうございます」と切りだし、最後のあいさつへ。

「アイドルだからこそできたことがたくさんあると思うので、それを大切にこれからはゼストの社員としてその経験を生かして、今いるメンバーや、これから入ってくるかもしれない未来のSKE48の子たちに、すてきな経験を私がプレゼントできたらいいなって思っています」と、6月からSKE48が所属するゼストの社員として働くことへの気持ちを明かし、「皆さんにとって私がどんな存在だったのか分からないけど、私にとって皆さんはすごく支えであって、どんなときでも『アイドルまだまだ頑張ろう』って思える元気の源でした」とファンへの思いを語った竹内。

続けて「“誰かを推して”って強制しているわけではないんですけど、私はゼストに就職するので、SKE48を応援することが私のこれからの未来の応援にもつながります。これからZeppツアーも始まったりするので、これからもSKE48と一緒に皆さんは歩んでほしいなって、SKE48に人生を彩られている皆さんであってほしいなってずっと思っています」とグループへの変わらぬ応援を呼び掛けると、「これからもずっと私は元気に、幸せになるので、皆さんもずっと幸せでいてください。たくさんの応援を約8年間ありがとうございました。これからも“ゼスト社員・Sさん”として頑張るので、皆さん応援をよろしくお願いします」とあいさつを締めくくった。

最後は全員で「それを青春と呼ぶ日」を歌い、卒業公演はついに終幕。客席からの大きな拍手に、「最っ高に幸せなアイドル人生でした! ありがとうございました! またね」と応えた竹内は、最後まで笑顔で公演を彩り続け、“アイドル・竹内彩姫”のラストステージを後にした。