元NGT48の山口真帆が初主演を務める映画「ショコラの魔法」(6月18日[金]公開)の主題歌が、mzsrz(ミズシラズ)とのコラボレーション楽曲「アンバランス feat.山口真帆」に決定。同曲のレコーディング写真が解禁となった。

映画「ショコラの魔法」は、雑誌「ちゃお」(小学館)に掲載され、シリーズ累計100万部を突破し、約10年間にわたり愛されてきた人気作。物語は食べるだけで願いがかなう不思議なチョコレートを作るショコラティエ・哀川ショコラ(山口真帆)を主人公としたファンタジーホラーとなる。

「アンバランス feat. 山口真帆」は、Hey! Say! JUMPの「モザイクロール」の楽曲提供やAdoの最新曲「踊」の作詞を手掛けたボカロプロデューサー・DECO*27が書き下ろした楽曲。

当初、mzsrz(ミズシラズ)のみで歌唱する予定だったが、劇中で山口演じる役柄や映画で伝えたいテーマの一つである「“願望”と“現実”のバランスの有り様」と楽曲の歌詞がシンクロしていることから、4月末に急きょレコーディングすることになった。

約2年半ぶりのレコーディングとなった山口は、あくまでゲスト歌唱という形でサビのみの歌唱予定だったにもかかわらず、mzsrz(ミズシラズ)と見事な声のマッチングを見せ、他のパートについても歌唱することになった。

■山口真帆コメント

――曲を聞いた時の感想は?

初めて歌詞を見た時に、ハッとすることがたくさんあったし、映画の世界観ともマッチしている歌だなぁと思ったし、自分自身も共感できる点が多々ありました。

この歌を聞いていると、たくさんの人に、くじけてしまいそうなことがあったり、嫌なことがあったり、逃げ出したいと思うことがたくさんあると思うんですけど、そういう頑張れないと思った時に、無理に頑張らなくてもいいんだよって言ってもらえるような、そんな勇気をくれるような、自分に寄り添ってくれるような歌にもなっていると思います。

この歌をたくさんの人に聞いてほしいなって思いますし、この私の歌ったバージョンは、映画館でしか聞けないので、ぜひ映画館でたくさんの方に聞いてほしいなって思います。

――レコーディングで苦戦したことは?

DECO*27さんは他にもたくさんプロデュースされている方で、私もすごく聞いていました。キーの上げ下げの部分だったり、すごくリズムが速かったり、普通の人が歌うのは無理だろうなって思ってしまって大変だったんですけど、皆さんと強力して頑張りました。

――レコーディングでこだわった部分は?

歌詞が映画の世界観とマッチしているので、映画のシーンを思い浮かべながら歌ったり、自分と重なる点がないかなと自分の感情とも照らし合わせて歌うようにしていました。

「欲しいものばかりを望むなら、失うのは大切ばかり」という歌詞があるんですけど、ここも映画のシーンにある部分でマッチしているところなので、映画で確認していただけたらなと思います。

――映画の見どころを教えてください。

私が演じる、願いがかなう魔法のチョコレートを作るショコラティエのショコラが学園内に謎を巻き起こしていくホラーファンタジーになっています。ハラハラする場面だったり、感動する場面だったり、いろんな世代の方に楽しんでいただける作品になっていると思うので、ぜひ映画館でご覧ください。