西島秀俊主演で、村上春樹の同名短編小説を映画化した「ドライブ・マイ・カー」(夏公開)の第2弾となる予告映像が解禁された。

主人公の計り知れない喪失と仄かな希望をつづった本作。
愛する妻と満ち足りた日々を送っていた俳優であり演出家の家福(西島)だが、妻は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう。
2年後、演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。行き場のない喪失を抱えて生きる家福は、みさき(三浦透子)と過ごす中であることに気付かされていく。

■物語の全貌が垣間見える予告映像

この度解禁された30秒予告は、亡き妻が残した秘密を巡るミステリアスな雰囲気漂うもので、ストーリーの全貌が垣間見える。

幸せな夫婦生活を送るように見える家福らの姿から一転、妻・音(霧島れいか)が突然この世を去る場面が映し出される。
そして、喪失を抱える家福の専属ドライバーとなるみさきとの出会いや、音の秘密の鍵を握っているかのような俳優の高槻(岡田将生)の姿も。

「その先にあるものを、僕はまだ知らない。」とのコピーと相まって、妻が残した秘密を辿る果てに何が待っているのか家福自身もまだ気づいていないような様子が伺え、物語の展開に期待が膨らむ予告編となっている。