2021年1月〜3月期の連続ドラマを対象にした第107回ドラマアカデミー賞の受賞結果を発表中。ドラマソング賞には、「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の主題歌であるKis-My-Ft2「Luv Bias」が選出された。ドラマは、ファッション誌編集部で上白石萌音演じる平凡女子・奈未が奮闘する“お仕事&ラブコメディー”で、メンバーの玉森裕太は奈未と恋に落ちるカメラマン・潤之介を演じた。楽曲は「切なくキャッチーなバラードでラブシーンを盛り上げた」と多くの支持を集めた。

今回の受賞を受けて、Kis-My-Ft2のメンバーそれぞれがコメントを寄せてくれた。短い中に思いの詰まった言葉を一人ずつ紹介。今回は宮田俊哉の受賞コメントを公開する。

――弊社のドラマアカデミー賞で、特に読者から多くの投票があり、本楽曲が最優秀ドラマソング賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせください。

僕らの曲が、たくさんの方々に愛していただけているのはとても嬉しいです。


――選考理由には、「メイン2人どちらの視点でも聞ける曲で、作品を盛り上げてくれた」「キュンキュンする曲で、恋愛系お仕事ドラマに最適」などの声が集まりました。楽曲の制作中や収録中など、込めた思いやこだわりを教えてください。

ドラマの世界観がマッチするような歌詞、というのを伺ったうえでレコーディングに臨んだのですが、曲でドラマが、ドラマで曲が良くなることを願いながら歌いました。


――また、投票意見には「物語のクライマックスに流れることで感情が高まった」「とにかくドラマに合っていた」という声も多かったです。ドラマの中でこの曲が流れたときの感想を教えてください。

Anotherバージョン(Luv Bias -another-)とオリジナルバージョンの2パターンを流していただきました。僕もドラマを見ていて、自分たちの曲ということを忘れるくらいマッチしていたと思います。


――あらためて、「Luv Bias」とはどのような曲になりましたか?

僕らの代表曲になったと思います。早くライブなどで、直接ファンの皆さんに披露できる日を楽しみにしています。