広瀬アリスが、5月22日に東京・丸の内ピカデリーで行われた永野芽郁主演の映画「地獄の花園」公開記念配信イベントに登壇。永野ら共演者とトークを繰り広げた。

バカリズムが脚本を、サカナクションやPerfume、星野源などのMVを手掛ける関和亮が監督を務める「地獄の花園」。日本中のOLがOL界のテッペンをかけて抗争を繰り広げる壮大なストーリーで、永野は普通のOLライフに憧れる主人公・直子を、広瀬は直子と友情を育んでいくカリスマヤンキーOL・蘭を演じる。

イベントでは、永野から自身のイメージを「すごく明るい方なんだろうなっていうイメージはあったんですけど、そこをはるかに超えるほどのハツラツとした明るさを持っていらっしゃって、現場を引っ張ってくださいました」と明かされた広瀬。

「気付いたらめっちゃ明るくなっちゃったんですよ。現場がすごく好きで、しかも楽しい現場だから自然とテンションが上がって」と笑顔を見せる。

さらに、キャストが互いにニックネームを付けることになり、永野は広瀬に“重低音アリス”と命名。

「朝、隣の楽屋からイケイケの重低音が流れてきていて、どれだけ朝早くてもテンション上げるために音楽を聴くっておっしゃってたので、楽屋に行きたいなと思って。楽しそうじゃないですか? それで、重低音っていうイメージが」と永野が理由を明かし、広瀬は「朝から、めちゃめちゃヒップホップをかけてました」と照れ笑い。

また、OLたちを牛耳る悪魔OL・朱里役の菜々緒は「アリスとエンケン(遠藤憲一)さんの脚がすごく好きで。筋肉質な脚が好きで、アリスとエンケンさんの脚をめっちゃなめ回すように見てました」と告白。すると、広瀬も「私はさっき、菜々緒さんの脚をしゃがんで見てました。私は菜々緒さんの脚、好きです」と返し、場を沸かせる。

その後、今作へのヤンキー言葉での誘い文句を考えることに。広瀬は「行かないなんて言わせないぞ、コラ!」と、格好良く決めた。

映画「地獄の花園」は、全国公開中。