元ライブアイドルの佐藤あむが、アイドルとして再起を図るため「2021第12回ミスヤングチャンピオン・オーディション」に挑戦。右も左も分からないグラビア界に挑む佐藤が、心の内を明かした。

ユニット卒業後、初めての活動の場として「2021第12回ミスヤングチャンピオン・オーディション」に挑戦中の佐藤。このオーディションは複数の部門に分かれており、雑誌アンケートやWEB投票、生配信などの部門それぞれで上位を取ることでグランプリに選出される。

佐藤はこれまでライブアイドルとしての活動にこだわってきたが、アイドルとして成長するためにはより多くの人たちに自分を知ってもらう必要があるとして、同オーディションへの参加を決意。

同オーディションは、配信や宣伝用の写真投稿をするなど、スケジュール管理や精神的な消耗、人の心を動かすSNS運用について真剣に考えることが必要とされている。

実際にオーディションを経験して、佐藤は「これまで周りの人にどれだけ支えられてきたのかが、すごく感じられました。ライブでパフォーマンスを発揮できたのも私だけの力ではなく、ファンの方たちの温かい応援があったからやってこれたんだって分かりました」と、さまざまな気付きがあった様子。

一方で、「グラビアに挑戦したことで、『あむが何をしたいのか分からないよ』『応援しにくい』と言われたりもしました。いままでライブに来てくれていた方が撮影会に来てくれなかったり、ツイートへの反応もだんだんとなくなってしまった」と、ファン離れへの精神的なつらさについても語る。

それでも、佐藤はできることを1つずつスタート。よりかわいく見える写真とはどのようなものなのか、メークの研究はもちろん、カメラの画角研究や加工アプリを使って色味を変える方法などの勉強を始めている。

「このオーディションを通じて、人の優しさに甘えているだけじゃダメなんだってことに気付かされました。課金制のオーディションは、ファンの方たちに金銭的な負担を強いることになる。だったら、お金を出しても後悔されないように良いものを作ったり、セルフプロデュースをして、私自身がみんなを引っ張っていく必要があるんだってことに気付かされました」と明かす佐藤。

自分がファンに納得してもらえるようにツイートの仕方についても研究を続け、オーディションの参加を表明する審査ツイートを投稿した。

「多い子は300RT以上も行っています。私は他の候補者の方たちに比べて新人だし、ようやくスタート地点に立ったばかりだけど、絶対にアイドルとして成長したいし成果を出したい! だから、皆さんRTだけでもいいので応援してほしいです」とメッセージを送っている。