竹中直人、山田孝之、齊藤工が監督を務めた映画「ゾッキ」が公開中。その舞台裏に迫ったドキュメンタリー映画「裏ゾッキ」も同時に公開されている。

「ゾッキ」の撮影現場で撮られたメーキング映像はもちろん、ロケ地の愛知・蒲郡の市職員らの奮闘も描いたドキュメンタリーとなっている本作。企画を手掛けた山田と、プロデューサーの牧有太氏に話を聞いた。

■「ゾッキ」と別部隊で撮っていたからこそできた「裏ゾッキ」

――まずは、映画「裏ゾッキ」の企画が立ち上がったきっかけからお聞かせください。

山田孝之:僕が30歳になった2013年から5年間にわたるドキュメンタリー映画「No Pain, No Gain」を牧さんに撮っていただいたんですけど、それと2019年に僕の初プロデュースで上映された「デイアンドナイト」を交互上映したら、すごく反響が良かったんですよ。映画の完成品とその裏側を同時に見せるということが。

それがあって、今回はあらかじめ「ゾッキ」のメーキングではなく、ドキュメンタリーを撮って、交互上映や僕らが登壇するイベントもやろうということで、牧さんにお願いしました。

牧有太:前回の交互上映のときにもう、またこういう形のことができないかなという話は出始めていたんですよね。登壇イベントでお客さんとの会話が生まれたりするのが、作り手側としてもすごく面白くて。

山田:撮影現場のメーキングではなく、もっと全体的なドキュメンタリーにしたのは良かったですね。僕らのいる現場の外で何が起こっているのか。現場はこんなふうに進行しているけど、その間、蒲郡の役所や商工会議所ではこんな会話がされていたみたいな部分は、「ゾッキ」の現場とは別部隊で「裏ゾッキ」を撮っていたからこそできたことだと思います。

――両方とも見た方が楽しめると思いますが、「裏ゾッキ」だけ見ても成立している作品になっていると思いました。

牧:そう言っていただけると「裏ゾッキ」のプロデューサーとしてはうれしいですね。そこは狙っていましたし、蒲郡の皆さんのご理解があってこそ実現できました。

――さまざまなことを包み隠さず映像として収めていましたね。撮影現場に見物客が集まりすぎて困ってしまったとか、地域の方が怒鳴り込んできたとか。

牧:あそこのシーンを使う許可が出たのは正直うれしかったです(笑)。

山田:映画を作るのって大変だし、きれいなところだけ見せても仕方ないなと思ったんですよ。ネガティブというか、こういうこともあるよっていうのはしっかり見せていかないと。

僕らも地域の人たちと組んでやるにあたって、映画を作るにはこういうこともありますよ、それでも一緒に頑張っていきましょうっていうことを伝えないといけないので、それを映像として見せられたという意味では大事な作品になったと思います。

牧:あんなシーン、絶対に狙っては撮れないですからね(笑)。市が関わっているのにああいうシーンを使えることってなかなかないですよ。市としては隠したい部分もあったでしょうけど、そこも見せていいという全面的な協力のもとで撮影できたのは大きかったです。きちんと隠さず見せることで、作品の面白さは高まるので。

■ピエール瀧の報道は「撮影中の現場に起こった“事実”」

――ピエール瀧さんの出演をめぐる一部媒体のスクープ報道についても触れられていました。

山田:撮影中の現場に起こった“事実”ではありますからね。

牧:その報道後にどうやって現場を守るかという対応も含めて、ドキュメンタリーになっていると思います。

山田:あれはとにかく現場を邪魔されたくないという、プロデューサーとしての意識が強かったですね。その上で監督として、現場や役者を守りたかったというのもあって。

牧:役者と裏方とどっちの気持ちも分かっているからこその対応だなと思いました。一番気になさっていたのはピエールさんだと思いますけど、完全にリラックスされていて笑顔も出ていたのは山田さんをはじめとするスタッフ、蒲郡の方々のおかげですね。

――お二人から篠原利恵監督へはどんなオーダーをされましたか?

牧:そんなに細かいことは言ってないですね。蒲郡の人たちが主役であるということ、そこに対峙している3人の監督をどう撮るかということくらいで。

僕は「ゾッキ」監督の山田さんとは深い関係にあるので、僕とは違うフラットな目線で迫ってほしいとは言いました。あと、篠原は映画の現場を経験したことがなかったんですよ。だからこそ、初めて味わう驚きを大事にして撮ってほしいというのは僕としてはありました。なので、僕はなるべく現場に行かないようにしていましたね(笑)。

山田:映画の現場って必ず何かが起こるんですよ。全てがスムーズに行くなんていうことはまずない。僕はロケバスがスタック(ぬかるみにタイヤがはまって動かなくなる状態)したときに、まず篠原さんを見ましたね。「いい画、来た!」と思っているでしょ、っていう感じで(笑)。

■これからも上映館が増えたら「続・ゾッキ」ができるかも!?

――逆に作品を見てから「こんな画が撮れていたのか」と思われたところはありますか?

牧:松田龍平さんと現地のおばあちゃんのやり取りは奇跡的にいい画が撮れていましたね。

山田:おばあちゃんが龍平くんのことを知らずに話しているんですけど、龍平くんもそれを分かっていた上で「新人なので頑張ります」なんて言って遊んでいたり。

牧:いつもパン屋に集まっている人たちの姿も大切なシーンです。あそこには蒲郡の日常があって、その日常の中に「ゾッキ」が飛び込んでくるという変化を描いたのは、監督として素晴らしいなと。

――「ゾッキ」の現場や蒲郡の人たちのドキュメンタリーであると同時に、今なお続くコロナ禍の状況下の映画界にも迫っています。

牧:これまで上映していただいた劇場は、登壇イベントがない回でも連日満員なんですよ。そういう状況を見るとこの映画を作って良かったなと思いますし、“映画館が開いている”ということの大切さを強く感じました。「裏ゾッキ」でも山田さんが映画の必要性を問われたときに「いらないものなんかない。必要とするかどうかは、人それぞれが決めること」とおっしゃっていたのは心強い言葉でした。

山田:映画を上映するかどうかは映画館の判断ですし、さらにそれを見に行くかどうかはお客さん次第ですから。これからも上映館が増えて、制作費を回収できれば「続・ゾッキ」ができるかも知れないなと期待しています。原作コミックのストーリーはまだまだありますから。

取材・文=青木孝司