令和のアイドル・乃木坂46の4期生16名が、お笑いコンビ・ぺこぱ司会の元、昭和・平成の名曲をカバーする音楽バラエティー「乃木坂スター誕生!」(日本テレビ)。5月24日深夜の放送では、遠藤さくらが”ぺこぱのどっち派か”を語る場面があった。

懐かしのアイドルソングを歌う「乃木坂!アイドル on ステージ」のコーナーで、今回は中森明菜の「少女A」を歌唱すると発表。すると田村真佑が「私、それこそ本当にお母さんがすごく好きだったので、その影響で、今でも私も聞くんですけど、『十戒』と『禁区』っていう楽曲がすごく好きです」と、親の影響で自身も中森明菜の曲が好きだとコメント。

当時の中森明菜のイメージを、松田聖子の「ぶりっ子」(聖子派)に対抗した「ツッパリ」(明菜派)と紹介し、1980年代の人気を二分する、時代を作った代表的アイドルだったと説明。

ここで番組では、人気を二分するにかけて、ぺこぱの「松蔭寺派」か「シュウペイ派」かをメンバーに質問した。

するとシュウペイ派には掛橋沙耶香のみが手を挙げ、松蔭寺派には、遠藤、田村、柴田柚菜、金川紗耶、弓木奈於が手を挙げた。

これに松蔭時が「遠藤ちゃんどお?何で松蔭時派にしたの?」と聞くと、シュウペイが「さくらちゃん!センター奪うよ!」と圧力をかけるも、遠藤は「お二人とも素敵だなと思うんですけど、やっぱ傷つけないお笑い…をやってらっしゃって、優しいなぁって思って」と、松陰寺派にした理由を語った。

これに松陰寺は「どうもありがとう。遠藤ちゃんは、もう1回も傷つけないからね」とご満悦な表情で答え、笑いを誘っていた。

次回の「乃木坂スター誕生!」は、5月31日(月)深夜1:39より、掛橋の「渚のはいから人形(小泉今日子)」、金川、弓木の「ペッパー警部(ピンク・レディー)」、ゲストに高橋ジョージを迎えて、遠藤の「いつでも夢を(橋幸夫・吉永小百合)」を放送予定。