現在、デビュー以来10回目となる全国ツアーを開催中のflumpoolがニューシングル「ディスタンス」を完成させた。カップリングを含めて、異なる印象の3曲を収録。本作に込めた想いとは――

――現在、flumpool 10th Tour「Real」の真っ最中ですよね。制限がある中ではありますけど、現状はいかがですか?

山村隆太「コロナ禍におけるツアーなので、延期も何度かしてますし、必ずできるかどうかわからない状況もあって。一度きりというか、今できる音楽を伝えきる在り方。原点だと思うんですけど、『一期一会のライヴにしなきゃ』という気持ちが強いですね」

小倉誠司「音楽やライブは不要不急って言われたりもして、ライブをしていいものなのか、ライブへ行っていいものなのか、さまざまな意見があると思うんですけど、僕はライブを不要不急なものにしたくないと思っていて。ライブに足を運んでくれたからこそ、このコロナ禍でも『明日から頑張ろう』みたいな気持ちになれるだろうし。そういう意味でも手応えのあるツアーをまわれています」

阪井一生「難しい部分はありますけどね。空気が読めないというか」

尼川元気「どうしても双方向ではないように感じてしまうところもあるから」

阪井「MCの緊張感がヤバいっす(笑)」

――声が出せないだけでなく、マスクでお客さんの表情がわかりにくい部分もあるでしょうし。

阪井「とは言え、ライヴはやってよかったなと感じてますね」

――そういったツアーを繰り広げる中、シングル「ディスタンス」が完成しました。初めてタイトル曲「ディスタンス」を聴かせていただいたとき、他のバンドの曲かと思うぐらい驚いたんですよ。打ち込みがベースとなり、かなり攻めた曲になりましたよね。みなさんの率直な感想はどうですか?

山村「僕も第一印象は同じようなところがありました」

尼川「一緒ですね」
阪井「そう感じてもらう為に書いたんで、今の話を聞くと『作戦成功やな』って思いますね」

――阪井さんはどういった構想を描いて制作したんですか?

阪井「とにかく、flumpoolって思わせない曲というか、バンドに抱かれているイメージを壊してみよう、と。個人的にそういうモードだったんですよ。打ち込みサウンドでバンドのイメージからいちばんかけ離れていると思うし、ギターは鳴ってるけど、何ならサンプリング音源を使ってみたりもしてて。今までにないことをトライしてみたんです」

――大きなチャレンジだと思うんですが、バンド内でそういったトライをしてみようという意見が?

阪井「いや、個人的に勝手に作りました(笑)」

一同 ハハハハ(笑)

山村「そもそもで言うと、新曲はアップテンポであって欲しいというのがテーマとしてはあって。ツアーをまわっていて、こういう動けない、声も出せない時代を踏まえると、音楽で乗せていくしかないという重要性に気付いたところがあったんですよね」

――そうは言っても、こういった曲が出てきたことには驚きますよね。
小「一生(阪井)から『すげえのができた』ってLINEがきて、ファイルを開いてみたら「ホントにすげえのができたな」って思いましたよ。ただ、ライブで演奏することを考えてねえなとも感じて(笑)」

――ライブで乗せることを前提としてたはずなのに(笑)。

小倉「『どう表現する、これ?』っていう(笑)。まあ、それが楽しみの一つでもあるんですけどね」

山村「この曲は打ち込みメインで無機質な感じで作ってるじゃないですか。ライブは人間味みたいなのが醍醐味だったりもするから、それをどうしていくか。大変さもありつつ、楽しみではあります」
――flumpoolらしくない曲をこのタイミングであえて制作した意味というと?

阪井「何だろうな……(昨年5月に発表した)アルバム『Real』で作りたい曲は作ったし、その次としては、っていう。2021年の一発目でもありますし」

――そのアイデアをバンドとして受け入れ、やってみよう、と。

尼川「阪井の熱意も大きかったですね。めちゃめちゃタイトル曲にしたがってたから」

阪井「もともと、『フリーズ』がタイトル曲の候補だったんです。でも、それがちょっと気になってて」

――それこそ、「フリーズ」はまさにflumpoolらしい1曲ですよね。

阪井「だからこそ、そこを変えたかった」

山村「バンドとして、アルバムを出した後は変化しなきゃいけないっていうのもあるし。やっぱり、古いモノを変えていくというのは、このコロナ禍の中でもすごく感じたことだったりするんです。そこには難しさもあるけど、その先で得られるモノもある。そこについていかなきゃな、っていうことを思いましたね」

――タイトルにもなったディスタンスという言葉、コロナ禍においてはソーシャルディスタンスという表現で耳にする機会も多かったですよね。生きていく上で距離や距離感の大事さを突きつけられたこともあり、テーマとして選んだのは自然な流れだったんでしょうか?


山村「そうですね。テーマとしては、ツアーを乗り越えてきたのもあるし、まだまだですけど、コロナに対してワクチンも出てきて、暗いトンネルに光が見えてきた時期かなと感じていて。その克服感というか、みんなで一緒になって越えてきているモノは何だろうと考えたんです。物理的な距離も大事ですけど、心の距離が測れたことが大きかったと思うし」


――そして、「フリーズ」はTVアニメ「セブンナイツ レボリューション-英雄の継承者-」のオープニングテーマとして書き下ろした1曲。これぞflumpoolという仕上がりだと感じました。

阪井「そうですね。TVアニメのオープニングというのもあったし、印象的でキャッチーなモノを考えたとき、これぞという曲を出したいなと考えたんです。ストリングスが軸になっているのは自分たちの武器でもありますし、結果的にザ・flumpoolみたいな曲になりましたね」

――制作するにあたって、先方から何かリクエストのようなモノはあったんですか?

阪井「この曲はストリングスとピアノで始まりますけど、そういうイメージも伝えてもらってましたね」

山村「あとは、ロックバンド的なところも……今、思い出したんですけど、そのころから『求められてるflumpool像をちょっと変えたい』みたいな議論があったんですよ」

阪井「あったっけ?」

山村「何回かアレンジが変わったやん、『フリーズ』は」

阪井「あ〜、たしかに。最初はもうちょっとクールな世界観やったんですよ。ガッツリとバンドサウンドが入ってるんじゃなくて、もっとストリングスが土台になってるようなアレンジ。ただ、もっとバンドサウンドが欲しいっていう話になり、今の形になりましたね」

――ライブも初披露されたときから、感触がかなり良かったそうですね。

小倉「山村以外はそうでしたね(笑)」

山村「おい、こんなところで言うな(笑)」

――山村さんのTwitterで拝見しましたけど、歌詞が飛んでしまったという。

山村「たしかにTwitterに自分で書いてましたね(笑)」

――新曲をファンの前で披露するのは、特別な緊張感や高揚感がありますよね。

山村「そうですね。曲によって、というところではあるんですけど、どう響くのかみたいなところはみんなが思っている以上に想像できてなかったりもするし。ライブで実際に演奏することで『こんな曲なんや!?』って別の見方ができたりもして。発表する場はすごく大事にしてます」
――また、「大丈夫」は山村さんがDJをつとめるラジオ番組「Radio Fields」へリスナーから寄せられたメッセージを中心にして、山村さんとサウンドプロデューサーの多保孝一さんがタッグを組んで制作されたそうですね。この曲が生まれるキッカケについて簡単にご説明していただけますか?

山村「仲の良いDJさんから『コロナ禍でいろんなメッセージを集めているなら、ミュージシャンだし、曲にしてみたら?』というアドバイスをもらったんですよ。そこで、以前にも協力してもらった多保さんと一緒に曲作りをすることにし、せっかくだから歌詞はリスナーと一緒に作ろう、となって」

――寄せられたメッセージはどういったことが多かったんですか?

山村「一番多かったのは『大丈夫という言葉を入れてください』ということでした。あとは、『自分らしく』というのも多くて、自分らしさを見失いがちなのかなと感じたり。人と会えないというのは、自分を見つめることになるのかなと思ってたんですけど、意外と人と出会ったことで自分らしさに気づくこともあるわけで」

――たしかに、他者との違いから自分を見出したりもしますからね。

山村「社会にいる自分自身を俯瞰で見て『自分ってこういう人なんだな』って捉えてるとしたら、それが失われたとき、自分らしさみたいなのを失っちゃうというか。この曲の制作をキッカケにして、人との関係の大事さを考えさせられました」

――クライマックスでは山村さんの教育実習時代の恩師が現在勤務する中学校の3年生の有志やラジオ番組のリスナーの声も入っていますよね。

山村「中3だと進路に直面してて。(コロナ禍で)立ち止まらないといけないけど、進む準備もしなきゃいけないという、たいへんな状況じゃないですか。明るいニュースというわけじゃないけど、今は合唱の授業もないし、距離をとってマスク越しではありつつも、一緒に声を合わせる機会を大人が作るべきなんじゃないかなって」

――非常に素晴らしいアイデアだったと思います。

山村「それにこの『大丈夫』という曲が、まさにそういう声を合わせることの安心感を歌った曲だったので、特に青春を奪われている中学生にそういう時間を設けられたらな、と。恩師に相談して、関係する方々も温かく協力してきただき、ありがたかったです」

――コロナ禍において、アーティストと共にいろんな声が混じり合うモノを聴くことがないじゃないですか。それもあって、すごく温かい気持ちにもなりました。

山村「それはライブでも感じてることですね。(ファンの)声がないっていうのは、ライブの醍醐味として大きな柱を失ってる。そこがなくなったとき、物足りなさを感じましたからね。声を出しに行く、合わせるというのもライブへ行く目的としてあるじゃないですか。非日常の中で発散するっていう。ただ、コロナが開けたときの楽しみが増えてるという意味では、そこに気付けたのはいいことだったと思ってますね」

――加えて、flumpoolからファンに呼びかけるような、寄り添う曲にもなっているなと感じたんです。

山村「あぁ、そうですね。どんなことがあっても音楽で寄り添うことはできるし。どういう状況でも、ひとりじゃなかったら乗り越えていけるというのはバンドのテーマでもあるんで、そこが伝わると嬉しいですね」

――しかしながら、それぞれキャラクターの違う3曲が収録された興味深い作品になったと思います。

山村「自分らでもそんな気がしてるんで、そう改めて言われると「そうなんだな」と実感します」
阪井「たしかに全然色が違うし、3種類のflumpoolが聴けるっていう意味でも手にとって欲しいですね」

――今後の展開として、「ディスタンス」のようなアプローチは増えていくんでしょうか?

阪井「あるかもしれないですね、この先も。ただ、やりたいことはいっぱいあるんですよ。『ディスタンス』みたいな打ち込みサウンドは世界的なトレンドでもありますけど、またバンドサウンドに流れが戻ってきてる気もするから、今度はそういう方向性で面白いモノを作れたなら、と考えたりもしてます。凝り固まることなく、いろんなことをしていきたいですね」

――漠然としたことでいいんですけど、何か構想があったりは?

阪井「例えば『君に届け』や『星に願いを』みたいな曲って、今じゃ書けないんですよ。年齢的なこともあるし、バンドを10何年もやってくると。だから、そのままやってみようとは思わないんですけど、今の30半ばの自分たちなりの『君に届け』みたいな曲を書くのは面白いんじゃないかとちょっと思ったりはしてますね。
山村「例えば、『ディスタンス』みたいにちょっと違う曲があれば、自分たちが培ってきたモノもあったり、ルーツミュージックみたいなところに戻ってみたり。どこかに偏ることなく、武器を増やしていければと思ってます」