5月25日の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)は、太田博久(ジャングルポケット)、有吉弘行、山崎弘也(アンタッチャブル)、向井慧(パンサー)をゲストに、「ジャンポケ太田を超えろ!第2の背中ジャンプを探せGP」が開催された。

番組で初披露して、番組内ではプチバズリ中?の太田の背中ジャンプ。もっと面白い特技を持った芸人を探すべく、各お笑い事務所からエントリーした372組の中から選ばれし11組がスタジオに集結し、その“微妙”な特技を披露した。

太田は高校時代は柔道の県大会で優勝、成人してからは2017年・2018年のアマチュアレスリングマスターズで優勝した経歴の持ち主で、その経験を活かして生まれたのが「背中ジャンプ」。

■アマレス太郎、背中ジャンプは「準備運動です」
山崎の「太田くんとのレスリング対決がみたい!」とのリクエストで、レスリング歴22年のアマレス太郎(アマレス兄弟)が、「人形相手にレスリングの良い試合ができる」特技を披露することに。

有吉は「これは、すごいの知ってるもん、生で見られるのスゴイ嬉しい。本物だからね」と期待を寄せるコメントに、渋い顔をする太田が映し出された。

アマレス太郎の披露が終わると「これはスゴイ!」と田村淳(ロンドンブーツ1号2号)も大絶賛。有吉は「ここでやるようなことじゃない、とんねるずお墨付きのやつだから。あれは、できるんですかね?」と、アマレス太郎に背中ジャンプができるか話を振ると「あんなの準備運動です」と、太田を挑発。

実際にアマレス太郎が背中ジャンプをすると、太田のジャンプとは比べ物にならない高さで飛んでみせた。「本物出た!」「スゲー」と絶賛されるアマレス太郎を冷ややかな目でにらみつける太田は「全然話にならない、面白い飛び方をしていないですから」と反論。

今度は、太田が人形相手にアマレスをしてみせることになるが、ただ人形を投げつけるだけの行為に「ストレスが出ちゃってる」と淳がストップをかけると、山崎も「良くないところがでちゃってるよ」と太田を諫める展開となった。

次回、「ロンドンハーツ」は6月1日(火)夜11:15から放送予定。