5月25日放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)に俳優の高橋克実がゲスト出演し、自分の髪の毛にまつわるエピソードを明かす場面があった。

週に1回の頻度で美容院に出かけるという高橋だが、子どもたちから「なにをするの? どこを切るの? お金がもったいない」とツッコまれているとか。発毛剤を試したこともあるが、高橋は「隠れてやってたらカミさんに『今さらどういうつもりなんだ』って言われて、家族会議になりました」と明かす。

頭髪が薄いことを隠していた時期もあったが、所属事務所の社長は隠し通すことに反対し、芝居という仕事の面で「どれだけあなたが制限してるのか。ト書きに『相手の髪の毛を掴む』ってあったらできないやろ。相手の俳優さんに失礼や!」と諭されたという。

その後、社長に説得される形で高橋が断髪を決意すると、「切り方が甘くなるかもしれないから」という理由で美容院に社長が同席。カットした髪の毛を「袋に入れて持って帰ろうと思っていた」と話す高橋だったが、社長がいち早くその気配を察知。

カット中の高橋のところへ駆け寄ってきた社長が「あんたこれを持って帰ろうと思ってたんやろ!」と言いながら、床に落ちた髪の毛を処分してしまったという。

放送終了後のネット上には「今の高橋さん、ダンディーでカッコいいと思います」「役者さんの場合はイメージ戦略とかもあるから、特に悩ましいのかも」といったメッセージが書き込まれていた。

次回の「チマタの噺」は6月1日(火)放送予定。