5月30日(日)より、熱狂的なお笑いファンを自負する芸能人が“支配人”となって自分の愛する芸人による舞台をプロデュースする新番組「支配人やってみませんか?」(夜11:00-11:25、ABCテレビ)がスタート。初回の放送では、三代目 J SOUL BROTHERS From EXILE TRIBEの山下健二郎が初代支配人に就任し、平成ノブシコブシ・吉村崇が副支配人としてライブの進行役を務める。

京都生まれで、幼い頃からお笑いが生活の一部だったという山下は、「ダウンタウンに育ててもらった」と言うほどのお笑い好き。初めてお笑いライブのプロデュースをするにあたり、ライブと同じように今回の構成を考え、「自信を持ってお届けできるのは間違いないが…正直緊張している」と胸の内を明かす。

■山下が選ぶ推しコンビ3組が登場!

山下が選んだお笑い芸人は3組。トップバッターは1999年にコンビを結成した平成ノブシコブシと同期の秘蔵芸人だ。山下いわく、顔芸、スピード感、ライブ感がすさまじく、芸歴22年なのにネクストブレイクの筆頭だという。

2番手に選ぶのは、コンサートでも中盤に披露する“しっとりバラード系”芸人。ツッコミがささやくように優しく丁寧だという関西の若手実力派。

トリを飾るのは、2020年の「ABCお笑いグランプリ」決勝にも進出した男女漫才コンビ。結成6年目だが、その芸風に「衝撃を受けた」という山下は、そのセオリーのなさ、オンリーワンなネタにドハマりしたという。クセが強過ぎるネタで、会場にいるレビュアーたちの心をつかむべくネタを披露する。

なお、6月6日(日)は佐々木久美(日向坂46)、13日(日)はファーストサマーウイカ、20日(日)はDJ KOOがそれぞれ支配人を務める。