玉木宏主演のドラマ「桜の塔」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第7話が5月27日(木)に放送される。

同ドラマは、警視庁を舞台に、頂点・警視総監を目指し巻き起こる組織内のパワーゲームを描いた人間ドラマ。先週放送の第6話からは、勢力図が様変わりした5年後の警視庁内を舞台とする第2部がスタートした。

第6話では、正義のために“サッチョウ(=警察庁)の悪魔”となった主人公・上條漣(玉木宏)が、同志たちと共に新派閥「改革派」を旗揚げ。今や副総監の座にまで上り詰めた千堂大善(椎名桔平)を失脚させるべく宣戦布告したが、第7話ではそんな勢力争いが一気にヒートアップ。物語のクライマックスに向かって、荒れに荒れた展開が待ち受ける。

■7話あらすじ

次期警視総監の選出を前に上條漣(玉木宏)率いる「改革派」は後見人である現・内閣情報官の権藤秀夫(吉田鋼太郎)を次期警視総監に押し上げようと、士気を高めていた。一方、「改革派」と敵対する千堂(椎名桔平)は、漣が国会議員の汚職を暴いたことを受け、警視総監の任命権を有する内閣府特命担当大臣・若槻有造(浜田晃)との関係が悪化し、背水の陣。

その矢先、若槻大臣が街頭演説中に狙撃される事件が発生。千堂が仕組んだ事件だとにらんだ漣が、ここぞとばかりに反撃の勢いを強めていくが、そこには禁忌とされてきた“警視庁の黒歴史”が潜んでいた。