金曜ドラマ「リコカツ」(TBS系)にて、後輩である緒原紘一(永山瑛太)に憧れる航空自衛隊航空救護団メディック(救難員)の副パイロット・一ノ瀬純役を演じている田辺桃子。紘一のことを思うが余り、妻である緒原咲(北川景子)を度々追い込む行動に出る純の存在は、作品に強いスパイスを与えている。咲にとってはライバルであり、紘一にとっては良い先輩であり、視聴者にとってはヒール役でもある純という役とどう向き合ったのか? 
今クールは「リコカツ」だけでなく、「ゆるキャン△2」(テレビ東京系)と「ガールガンレディ」(TBSほか)にも出演していることも話題になっている田辺桃子に話を訊いた。


――「リコカツ」の一ノ瀬純役のお話を受けた時の印象はどうでしたか?

「最初は、緒原1曹のことをすごく尊敬していて大切な存在なんだなって思ったのと、いろんなところに気遣いができて、仕事にすごく真剣に向き合っている凛とした女性という印象がありました」

――真面目な性格故に、想いを寄せる紘一の妻の咲に対して過剰な接し方をしてしまうわけですが、演じる上で難しかったところはありますか?

「全部が難しくて(笑)。こんなに毎日悩んで演じているキャラクターは初めてかもしれないです。はたから見たら驚くような行動を取るキャラクターではあるのですが、ただの嫌な人ではなく、理由がちゃんとあったり、生きるのが下手だからこそやらかしてしまうところがあって。そういうことって、大なり小なり経験している人も多いと思うんです。『純の行動はあり得ない』って思われがちなんですけど、どういうポリシーで生きているのかということが回を追うごとに伝わっていくことで、『純のやってること、もしかしたら分かるかもしれない』と思ってもらえるようになったらいいなと思っています」

――徐々に「純なりにいろんなものを抱えているんだな」と感情移入できるキャラですよね。

「そうですよね。何かトラブルが起きたときの動機の部分で、純が単なる悪役ではないということをどこまで表現できるかっていうのが自分にとっての一番のチャレンジなのかなと思いながら演じています」

――では、純の言動で共感したところというと?

「5話で純が咲さんに会いに行って喫茶店でお話をするシーンがあるんですけど、コメントを読んでいると、『よく会いに行けたな』とかいろんな意見があって。確かに仕事先まで行っちゃうのは純の真っすぐで度が過ぎている部分が出てるんですけど、緒原1曹が咲さんの仕事のこともあって基地から遠い場所に住んでいて、それが原因で自分の任務の代わりをやってくれた人が怪我をしてしまって…。
その事実を咲さんが知らないことで、『緒原1曹のこと本当に好きなのかな』って思ってしまうっていう。純の言葉には強さはありますけど、咲さんに対して伝えたことは緒原1曹をすごく大事に思っているからこその言葉たちだと思うんです。そこは共感しました。彼女の大切にしていることの軸に合っていると思ったんです。純が咲さんに事実を伝えたことによって、結果的に夫婦が本音をぶつけられたという流れにもなっていたので、印象深かったです」

――7話(5月28日放送)で純が紘一にある決心をして思いを伝えにいく大事なシーンも印象深いかと思います。

「よく瑛太さんにアドバイスをいただくことが多いのですが、その場面では、『本音を言ってるというリアリティーを足した方がもっと伝わると思う』と言ってくださって。以前に、『このシーンは見方によっては違う風に捉えられてしまうかもしれなくて難しいんです』って相談をさせていただいたことがあって。そのときは、『純には芯があるんだから、振り切っちゃっていいんじゃないかな』って言ってくださったり。そうやって自分では気付かないことをたくさん教えてくださるので、すごく感謝しています。どうしても台本の文面と実際に演じるのって、私の声量や気持ちの入れ方で伝わり方が全然変わってくるので、『今すごく伝わってきたよ』とか、『ここはもうちょっとリラックスしてやってみたら』とか、一緒に演技をさせていただいているからこその意見をたくさんいただけるんです。本当毎日勉強させてもらっています」
――永山瑛太さんは現場でどういう雰囲気ですか?

「そういうアドバイスをしながらも、見守ってくれている感じです。纏われている雰囲気がすごく優しくて、話をしていなくても居心地が良いんです。そのおかげで極度に緊張することなく、演技ができているのかなって思います。懐が深い方ですね」

――北川景子さんとはドラマの公式ブログで田辺さんとの2ショットがアップされてましたね。

「写真を撮ったときに、北川さんが『お互い笑顔で過ごせない共演シーンばかりだから、こうやって笑顔で一緒に映りたかったよね(笑)』って言ってくださって。その写真のコメントに『ほっこりした』という感想があったので良かったって思いました。北川さんはとてもフランクな方で、お会いする度に『このシーン難しいよね』とか、『純のこういう気持ちも伝えられたらいいよね』とか言ってくださるんです。あと、私は昔『セブンティーン』という雑誌のモデルをやらせてもらっていたんですが、北川さんはそのトップを走っていた方なので、そのモデル時代の話をしてくださったり。良い意味でさっぱりしている方なので、『そんなの全然気にしなくて大丈夫だよ』とか、『こういうこと、よくあるよね』ということを言って気遣ってくれたり。そういう女性らしくもあり、ハンサムなところもある方なので、すごく素敵だなって思います。それによって私も『ああ、こういうことは別に気にしなくていいんだな』って思えたり、すごく勉強させてもらっています。だから、瑛太さんの優しさもあり、北川さんの優しさもある環境でやらせていただいていて、すごく恵まれた環境だと思っています」

――仕事と家庭の両立や、いろいろな問題をはらんだドラマになっていますが、田辺さん自身はどういう風に受け取っていますか?

「私は結婚したことがなくて、離婚活動という言葉自体も今回初めて聞きましたし、未婚の方々はどういう風にこのドラマを見るのかなっていう興味があったんです。私の感覚では結婚って自分よりもっと年上の方がするものというイメージがあったんですけど、パートナー同士がぶつかったときの問題や、話し合う、話し合わないとか、他人事のように思えなくて。友達同士や恋人同士でも、ちゃんと話し合いたいのにうまくできなくて関係がこじれてしまうことってよく起こることなので、結婚している、していないにかかわらず、見ていて『自分だったらどうするだろう』って考えられる作品なんじゃないかなって思いました」

――これから物語は終盤に突入しますが、純にはどうなってほしいと思いますか?

「悔いのないように過ごして欲しいなって思います。紘一さんに対してどこまで気持ちを伝えるのかは分からないですけど、純が一番大切にしたいって思うものを大事にしてほしいです。具体的に作品内で描かれるかは分かりませんが、純は緒原1曹のことを咲さんと結婚する前から尊敬していて、どういう気持ちなのかは分からないけど緒原1曹の存在がどんどん大きくなっているっていうことは感じていて。それで、緒原1曹の結婚を機に、『何でこんなに気持ちがザワザワするんだろう。好きってことなのかな』っていうことに気付くという裏設定があって(笑)。そういう緒原1曹とのつながりや、純が元々持っている不器用だけど真っすぐで心配りができる部分とか、純の中で大切にしているものがあるからこそ、緒原1曹も純のことを尊敬しているんだと思うので、その関係性や魅力が見てる方にも伝わったらいいなって思います」
――田辺さんというと、今クールは「リコカツ」以外に「ゆるキャン△2」と「ガールガンレディ」にも出演されていて、3作品バラバラの役を演じていることも話題ですが、反響は感じますか?

「自分でもこれまで意識してなかったんですけど、衣装やメイクで大きく顔が変わるタイプで、同じ人だって認知されるのに時間がかかっていて(笑)。そこに気持ちが入ると自分でも『あれ、これ同じ人かな?』って思うくらいで。私を通して全然違うキャラクターをそれぞれのストーリーで見せられるっていうのはエンターテインメント性があって、自分でも面白いと感じてるんです。複数の作品を見てくださっている方から『未だに心の整理がつきません』とか、『信じられません』って言ってもらえることもあるんですけど、それだけ元々の私の存在感がいい具合に薄れて、ストーリーに集中して見てもらえてるってことなのかなって思うとすごくうれしいです」

――「ゆるキャン△」のシーズン2の大垣千明役の再限度の高さも話題ですが、すぐにあのキャラクターに戻れましたか?

「割とすぐに戻れました。久々の本読みのときには『大垣に戻れるのかな…』って不安があったんですが、やっぱり見た目って大きいんだなって(笑)。続編で違和感を感じることってあると思うんですけど、そう思われたら負けだと思って、『大垣が帰ってきた!』って受け取ってもらえたらいいなと思って演じていたので、良い反響を聞いたときはすごく嬉しかったです。『ゆるキャン△』の視聴者の方の語彙力が面白くて、コメントに『田辺桃子役の大垣さん』とか書いてあるんです(笑)。そういうコメントを読むのも楽しみの一つですね」

――子役時代から約10年間演技のお仕事をしていて、演じる面白さに変化はありますか?

「それこそ最近になって全く違うキャラクターを演じさせていただくことが増えて。それが自分にとって毎回新しい挑戦になっていてすごく楽しいですし、見た方が『この子誰だろう』って検索したら、見たことのある作品で覚えているキャラクターを私っていう同じ人が演じていたことに結びついて、『この役もこの子だったんだ!』って思ってもらえたら面白いなって。もちろん顔と名前も覚えてもらえたらうれしいですけど。全然違う役をいただけるようになっていることが、役者をやっていて良かったなって思えているポイントです」

――ちなみに憧れている役者さんはいますか?

「ずっと素敵だなって思っているのは満島ひかりさんです。どんな役でもその世界に生きている感じがするのが素晴らしくて。満島さんの役に対する向き合い方を勉強させてもらいながらも、同じ人が演じているって思われていないところを長所にして自分らしさをもっと突き詰めていきたいなって思うんです。
その上で、シリアスな作品からコメディーまで幅広い作品に出させてもらった経験も活かして、『こんなキャラクター見たことない』って思ってもらえるようなキャラクターを一つ一つ作っていけたらいいなって思っています」

取材・文=小松香里