週刊少年ジャンプで連載されていた人気コミック「バクマン。」が、2021年10月に鈴木拡樹と荒牧慶彦のW主演で舞台化決定。鈴木が真城最高、荒牧が高木秋人を演じることが明らかになった。

「バクマン。」は、2008年から2012年まで週刊少年ジャンプで連載されていた人気コミック。“サイコー”こと真城最高と“シュージン”こと高木秋人の高校生漫画家コンビが奮闘する作品で、アニメ化&実写映画化もされている。

また、ジャンプでの連載を巡って競い合うライバルの新妻エイジ役を橋本祥平、友人として2人と張り合う漫画家の福田真太役をオレノグラフィティが演じるほか、福澤侑(平丸一也役)、村上大樹(中井巧朗役)、唐橋充(ジャンプ編集部編集長・佐々木尚役)、長谷川朝晴(服部哲役)が出演決定。さらに、最高の叔父で漫画家の川口たろう役には片桐仁が名を連ねた。

「『バクマン。』THE STAGE」は10月に東京・大阪で上演予定。演出・脚本をウォーリー木下、音楽を和田俊輔が手掛ける。

上演決定にともない、鈴木、荒牧のコメントも到着した。

■鈴木拡樹(真城最高役)コメント
真城最高役の鈴木拡樹です。
『バクマン。』の舞台化熱望していました。舞台の仕事を始めてから2.5次元作品にも多く参加して以前より漫画を読むようになりましたが、この作品に出会った事で漫画の素晴らしさをより理解出来るようになりました。
感謝の気持ちも込めて演じます。
「バクマン。」THE STAGE
是非劇場でお楽しみください。

■荒牧慶彦(高木秋人役)コメント
高木秋人を演じる荒牧慶彦です。
原作が大好きで漫画もアニメも全部観ていました。
この作品を舞台化するというのは無限の可能性があり、一体どんな舞台になるのか今からとてもワクワクしています。
夢を追い続ける最高と秋人との熱い想いを体現出来るよう頑張ります。
演じている方も、観ている方も常にワクワクしっぱなしの舞台になると思いますので、どうぞお楽しみに!!