松坂桃李主演の映画「あの頃。」が動画配信サービスU-NEXTにて6月19日(土)より独占配信されることが明らかになった。

同作は、ロックバンド・神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人の自伝的青春コミックエッセイ「あの頃。 男子かしまし物語」(イースト・プレス)を原作に、「ハロー!プロジェクト」に魅せられた仲間たちの笑いと涙の日々を描いた青春エンターテイメント。

“ハロプロ”のアイドルにのめり込んでいく主人公・劔を、松坂が演じると発表されると、松坂の新たな一面が垣間見える“アイドルオタク”という役どころが大きく話題となった。劔と共に青春を謳歌するハロヲタ仲間は、仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、そして同作が映画初出演となるお笑いコンビ「ロッチ」のコカドケンタロウがらが演じている。

「愛がなんだ」(2018年)、「アイネクライネナハトムジーク」(2019年)など、次々と話題作を手掛ける今泉力哉が監督を務め、「南瓜とマヨネーズ」(2017年)などで監督・脚本を手掛けてきた冨永昌敬が脚本を担当。

劔が“ハロプロ”にハマるきっかけとなったアイドル・松浦亜弥役を「ハロー!プロジェクト」のアイドル・BEYOOOOONDSの山崎夢羽が演じる。また、劇中で松浦やモーニング娘。の楽曲も使用されている。

さらに同作の配信開始に合わせ、U-NEXTでは劇中に登場する「桃色片想い」をはじめ、松浦のMV20作品が配信されることも決定。「松浦亜弥コンサートツアー2007秋〜ダブルレインボウ〜」「松浦亜弥コンサートツアー2006秋『進化ノ季節…』」に加え、モーニング娘。やBEYOOOOONDSといったハロプロに所属するアーティストのライブやMVを中心に400本以上配信される予定。

■作品概要

大学院受験に失敗し、どん底の生活を送っていた劔。ある日、松浦のMVを観て「ハロー!プロジェクト」のアイドルに魅せられた劔はイベントで出会った仲間たちと共に情熱を傾けるようになる。時は流れそれぞれの人生の中で少しずつハロプロと同じくらい大切なものを見つけていく。

※山崎夢羽の「崎」はたつさきが正式表記