清原果耶がヒロインを務める連続テレビ小説「おかえりモネ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月〜金曜の振り返り)で、ヒロイン・百音(清原)の妹・未知を演じる蒔田彩珠(まきた・あじゅ)に注目が集まっている。5月31日放送の第11回では百音を港で出迎えた未知の屈託ない笑顔に「可愛い!」の声が上がったが、彼女の魅力はそれだけではない。まだ18歳ながら、数々の映画賞を受賞する演技力の持ち主だ。(以下、ネタバレがあります)


■仲のいい姉妹を好演

「おかえりモネ」は、宮城・気仙沼に生まれ育ち、登米で青春を送るヒロインの“モネ”こと百音(ももね)が、気象予報の仕事を通じて人々に幸せな未来を届けていく希望の物語。脚本は、「透明なゆりかご」(2018年、NHK総合)でも清原とタッグを組んだ安達奈緒子が担当する。

第3週「故郷(ふるさと)の海へ」(5月31日[月]〜6月4日[金])では、百音が祖母・雅代(竹下景子)の初盆に合わせて実家へ帰省するエピソードが描かれている。

登米から気仙沼の港まで戻ってきた百音。生まれ故郷の亀島へは、そこからさらに定期連絡船で海を渡らなければならない。バスで港まで戻ってきた百音を迎えたのが、父の耕治(内野聖陽)と、百音の2つ下の妹・未知だった。

勉強が得意でしっかり者の未知。自分が家業の養殖を担おうと、水産高校で勉強に打ち込んでいる。性格も百音とは正反対だが仲が良く、第2週では百音の幼なじみ・亮(永瀬廉)に想いを寄せているような場面も描かれ話題になった。

「なぁに、お姉ちゃん!早かったじゃん!」と嬉しそうに百音に駆け寄ってきた未知。高校は夏休み中だがインターンで水産試験場に通っているといい、亀島行きの船に乗り込む百音をニコニコ笑顔で見送った。

再会を喜び合う百音と未知は、まるで本当の姉妹のようによく似た空気をまとっている。視聴者からも「みーちゃん可愛い!」「未知役の蒔田彩珠さん、なんだか目が行ってしまうなぁ。気になる!」の声が上がり、2人がじゃれ合うシーンには「再会シーンにほっこりした〜」「本当に姉妹みたい!よく似てる」「みーちゃんモネ姉妹、癒しだなぁ」の声も上がった。

■映画「朝が来る」で映画賞受賞ラッシュ

未知を演じるのは、女優の蒔田彩珠。2002年8月7日生まれの18歳。子役時代から活躍し、2013年にはフジテレビ系ドラマ「ちびまる子ちゃん」で、ももこの姉・さきこ役を務めた。連続テレビ小説は、「とと姉ちゃん」(2016年)で演じた常子(高畑充希)の姪・水田たまき役(少女期)に続いて、2作目の出演となる。

学業と両立しつつ「anone」(2018年、日本テレビ系)や「みかづき」(2019年、NHK総合)などに出演。「透明なゆりかご」(2018年、NHK総合)では清原とも共演している。中でも是枝裕和監督には高く評価され、ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」(2012年、フジテレビ系)、映画「三度目の殺人」(2017年)、「万引き家族」(2018年)と3作品に出演している。

2018年には、映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で南沙良とダブル主演を務め、「第43回報知映画賞」新人賞などを受賞。そして2020年、映画「朝が来る」で望まない妊娠をした中学生・ひかり役を演じ、「第44回日本アカデミー賞」新人俳優賞、「第94回キネマ旬報ベスト・テン」助演女優賞、「第45回報知映画賞」助演女優賞、「第75回毎日映画コンクール」女優助演賞などの映画賞を次々と獲得した。高い演技力で将来が嘱望される注目女優の一人だ。

現在所属する事務所には「まんぷく」の安藤サクラや岸井ゆきの、「エール」の古川琴音など、近年の連続テレビ小説で注目を集めた先輩女優も多い。「おかえりモネ」の未知役でさらに女優としてステップアップするに違いない蒔田の演技にも注目したい。