2020年に行われた第7回「ドラマ甲子園」の大賞受賞作品「言の葉」が、フジテレビにて6月8日(火)深夜に放送されることが決定した。

フジテレビは2014年より演出家の才能発掘のために「ドラマ甲子園」を開催。第7回に「言の葉」で大賞を受賞したのは横浜市在住の高校2年生・平野水乙(ひらの・みお)さんで、16歳(当時)での大賞受賞は「ドラマ甲子園」史上最年少となった。

「言の葉」は、平野の演出をプロのスタッフがサポートし、プロの俳優たちの出演でテレビドラマ化。2020年10月にFODで配信、CS放送・フジテレビTWOにて放送された。

人付き合いがへたで友達ができない女子高校生・伊藤香里役の蒔田彩珠と、言葉が話せない少女・桜木咲役の桜田ひよりがW主演を務め、香里と同じクラスの学級委員長・佐藤歩美役で箭内夢菜、香里と同級生の野球部・木村武史役で宮世琉弥、香里の祖父・伊藤徹(じぃじ)役で泉谷しげるが出演している。

■「言の葉」あらすじ

香里(蒔田彩珠)は昔から不意に相手を傷つける言葉を言ってしまう癖があり、これが原因でいじめられるようになってしまう。ある日、香里は教室を抜け出し、丘ノ上公園にあるベンチに座った。「自分の気持ちを素直に伝えられるようにしてください」と神様に願うと、ベンチの真上にある桜の木から1枚の葉が落ちてきた。葉には「君の名前は?」という文字が書かれている。その文字を書いたのは、話すことができない咲(桜田ひより)という女の子だった。

香里と咲は毎日会うようになり、次第に仲良くなる。そして、香里は咲に友達ができない悩みを相談した。咲は友達を作る方法を香里に教え、その方法で香里は悩みを克服し友達ができると、咲とは会わなくなっていった。そして、久しぶりに咲に会った香里は、あの嫌な癖で咲を傷つけてしまう。しかし、香里はその後咲の本当の正体を知る。