FES☆TIVEの高木ゆりあが5月29日、埼玉・川越水上公園で行われた「近代麻雀水着祭 2021」の1日目に参加。水着での撮影会に臨んだ高木に、イベントの感想などを聞いた。

川越水上公園のプールゾーンを丸ごと貸し切り、4日間にわたって行われる大撮影イベント「近代麻雀水着祭」。2021年で5年目を迎え、今回で7回目となる。

高木は今回、FES☆TIVEのメンバーに加え、同じRIZEプロダクション所属のキャンディzoo、元夢幻クレッシェンドのメンバーと共に参加。撮影を通して、ファンとの交流を楽しんだ。

■チャームポイントは「よく笑いよく喋るから生まれた腹筋と、ぷにぷにの二の腕!」

――撮影会を終えた感想をお聞かせください。

「近代麻雀」は初めて参加させていただいたのですが、2週間前に急きょ追加で発表になり焦りもありましたが、すごくたくさんの方がいて、私なりの楽しみ方で撮ってもらえてとても楽しかったです!

――水着撮影会に向けて気を付けていること、頑張ってることはありますか?

ダイエットですね、、! 私はおいしいものに目がないので(;_;) それを我慢するのをすごく頑張りました!!

――ご自身のチャームポイント(武器)はどんな部分だと思いますか?

よく笑いよく喋るから生まれた腹筋と、ぷにぷにの二の腕です!

――水着での撮影会は、どんなトコロが楽しいですか?

恥ずかしいけど、なんだかそれが開放的で、そこに生まれるカメラマンさんとの掛け合いも面白くて楽しいです!

――これから本格的に夏を迎えますが、次回に向けての意気込み、そしてファンへのメッセージをお願いします。

ファンの皆さんに、撮ってるときも楽しんでもらえる撮影をしていけるように頑張ります。ファンの皆さんは夏に向けて体力作りして、付いてきてくださいねっ!! よろしくお願いいたします!

※記事内、高木ゆりあの「高」はハシゴダカが正式表記