川口春奈が、黒島結菜がヒロインを務める連続テレビ小説「ちむどんどん」(2022年度前期、NHK総合ほか)に出演することが発表された。同ドラマは、2022年に米国からの返還50周年の節目を迎える沖縄を舞台に、ふるさと沖縄の料理に夢をかけたヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ、黒島)と、その兄妹たち家族の笑って泣ける朗らかな50年の物語を描く。脚本家・羽原大介によるオリジナル作品で、語りは沖縄出身のジョン・カビラが務める。

今回出演が発表された川口は、暢子の姉・比嘉良子(ひがりょうこ)を演じる。比嘉家四兄妹の長女である良子は、抜群に勉強ができて、性格も優等生。人一倍の努力の末、子どもの頃からの夢だった小学校の教員になり、母校で教壇に立つ。

初出演となる“朝ドラ”について川口は、「朝ドラは長い期間撮影すると思うので、チームでの一体感や達成感がすごいんじゃないかと思っています。朝ドラは幅広い世代から愛される作品だと思いますので、とても光栄で楽しみです」と話した。

さらに、「沖縄という素晴らしい場所で、家族や兄弟の愛や絆をあったかく深く描いて皆様にお届けすることができたらと、今からとてもドキドキしています。もがきながらも一生懸命、全うしたいと思います」と意気込みを語った。

「ちむどんどん」は、6月1日から3週にわたり、NHKドラマ公式Twitterおよびドラマトピックスで出演者の発表が行われ、これまで仲間由紀恵、大森南朋、竜星涼の出演が発表されている。