北川景子と永山瑛太共演の金曜ドラマ「リコカツ」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第8話が、6月4日(金)に放送される。同作は、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を“リコカツ”というキーワードを通じて描き出す、“離婚するかもエンターテインメント”。

咲(北川)と紘一(永山)は運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日で結婚。しかし、自由な家庭で育った自分に正直な咲(北川)と、厳格な自衛官一家で育った紘一(永山)は、生活習慣や価値観の違いで意見が食い違い、新婚早々離婚を決意。周囲になかなか離婚の決意を切り出せず、水面下で離婚に向けた活動“リコカツ”を始める姿を描く。

第8話では、咲の元カレ・貴也(高橋光臣)と小説家の連(白洲迅)、それぞれの咲への気持ちを知った紘一が、咲の幸せを願うあまり思い切った行動を起こす様子が描かれる。

公式ホームページなどで見ることができる予告動画では、“新しい相手との人生”というテロップとともに、連が咲に「あんたの為に書きたい」と思いを伝える場面や、純(田辺桃子)が涙ぐむ場面が映し出され、咲と紘一を取り巻く登場人物の思いが絡み合う展開がうかがえる。


また、紘一から「君がいつも微笑んでいられる、そういう居場所を見つけてほしい」と告げられた咲が、「一ノ瀬さんが、そういう居場所なの?」と言いながら紘一を見つめる場面も。そして、紘一が「彼女(純)と付き合うことにした」と告げると、その言葉に動揺を隠せない表情を浮かべる咲の姿が印象的だ。

予告動画を見た視聴者からは、「紘一、まさか本当に純さんに胃袋掴まれちゃった!?」「思い合ってるはずなのに…予告動画見てるだけで泣きそう…」などといった、咲と紘一の恋の行方を案ずる声が寄せられている。

■第8話あらすじ
咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)の離婚をきっかけに、周囲がにわかにざわつき始めた。貴也(高橋光臣)は、結婚を前提に付き合うおうと咲に告白し、連(白洲迅)は紘一の実家を訪ね、紘一を挑発する。

ある日、咲が働く編集部に連がやって来た。連の新しい作風は、咲が編集担当になってから文芸部でも評価が高く、咲も仕事にやりがいを感じている。咲を外に誘い出した連は、自分の孤独な身の上を打ち明けながら、「咲のために小説を書きたい」と素直な気持ちを伝える。

一方、連から「水口咲は俺がもらう」と宣言された紘一は、咲にふさわしい人は誰なのかと考えていた。咲の幸せを願うあまり、紘一は貴也を知るために尾行を開始。紘一が自分なりの結論を連に伝えるため連の仕事場を訪れると、そこに咲がやって来て…という物語が描かれる。

「リコカツ」第8話は、6月4日(金)夜10時よりTBS系で放送。