黒島結菜がヒロインを務める連続テレビ小説「ちむどんどん」(2022年度前期、NHK総合ほか)に、仲間由紀恵、大森南朋、竜星涼、川口春奈、上白石萌歌の5人が出演することが発表された。

同ドラマは、2022年に米国からの返還50周年の節目を迎える沖縄を舞台に、ふるさと沖縄の料理に夢をかけたヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ、黒島)と、その兄妹たち家族の笑って泣ける朗らかな50年の物語を描く。脚本家・羽原大介によるオリジナル作品で、語りは沖縄出身のジョン・カビラが務める。

今回発表されたのは、暢子の家族。大らかで明るく、困った人を見ると放ってはおけない性格である暢子の母・比嘉優子(ひがゆうこ)を演じる仲間は、「個性豊かな子供たちの成長を支えながら、沖縄の美しい海、緑、空気を視聴者の皆様にお届けできるよう頑張ります」と意気込みを語った。

大森は、唄三線(うたさんしん)が好きで穏やかな性格の暢子の父・比嘉賢三(ひがけんぞう)を演じる。「まだ何も始まっていないので、正確には答えられませんが、『タイトル』『脚本』『共演者』『スタッフ』そんなヒントとなるワード達に囲まれながら、いつもより早めにワクワクしております」とコメントを寄せた。

■川口春奈「もがきながらも一生懸命、全うしたい」

勉強は苦手、素行も悪いが心優しく家族思いである暢子の兄・比嘉賢秀(ひがけんしゅう)を演じる竜星は、「作品の中でも何度もトラブルを起こし家族やその周りの人を巻き込んでいくことでしょう。でも最後にはなんだか憎めない。そんなみんなのニーニーを作っていけたらと思います」と語った。

川口は、抜群に勉強ができて、性格も優等生の暢子の姉・比嘉良子(ひがりょうこ)を演じる。「沖縄という素晴らしい場所で、家族や兄弟の愛や絆をあったかく深く描いて皆様にお届けすることが出来たらと、今からとてもドキドキしています。もがきながらも一生懸命、全うしたいと思います」と意気込みを語った。

さらに、歌をこよなく愛し、シャイな性格の暢子の妹・比嘉歌子(ひがうたこ)を演じる上白石は、「私の名前の一部である“歌”のつく役を演じさせていただけること、なにか大きな運命を感じます」と喜びを語り、「私も歌子も歌によって生かされているということから、深く繋がっていけそうな予感が今からしています」と話した。

■制作統括・小林大児氏のコメント

「沖縄四兄妹の物語」とイメージした瞬間から、母親役は仲間由紀恵さん以外に考えられませんでした。さまざまな受難や苦労にもめげない明るく大らかに家族の心を支える「沖縄の母」です。父親役は硬軟使い分け大人の魅力に溢れる大森南朋さん。唄三線を愛し、料理もこなす優しい父親です。

ヒロインの黒島結菜さんに加えて、竜星涼さん、川口春奈さん、上白石萌歌さんがドラマの核となる「沖縄四兄妹」を演じてくれます。笑いあり、涙あり、喧嘩もしながら助け合い…この家族がおいしいものを食べて笑顔になる姿を想像すると、わくわくが、ちむどんどんが止まりません。放送は来春、是非楽しみにお待ちください!