6月2日、ハライチ・岩井勇気と、TikTokクリエイターの景井ひなが、新プロジェクト「NO BORDER.」オンラインイベントに登場した。

本イベントでは、新プロジェクト「NO BORDER.」にて、6月9日(水)にサービス開始予定の新作オンラインRPG「PSO2 ニュージェネシス(NGS)」と「ずっと真夜中でいいのに。」のコラボレーションを発表。今回のコラボで、ずとまよが「NGS」のプレイヤーやプレイスタイルをイメージした楽曲「あいつら全員同窓会」を制作したことも明かされた。

そして、一足先にコラボ楽曲のイントロ部分約15秒間が映し出されたティザームービーを見た2人。ずとまよを普段からよく聞いており、「曲もとてもいいですし、ムービーもすごくかわいいんです!」と話す景井は、「ずとまよさんのミュージックビデオは今までアニメで、実写を交えたムービーは今までなかったので今回のPVはとても気になります」と興奮気味に語った。

また、「NGS」公式番組を担当している岩井は、「自分が過去のシリーズをプレイしていた時は、顔の知らない人とゲームを通じてオンラインで仲良くなって、オフ会で集まったこともありました」と思い出を振り返りながら、「今外に出られなかったりしますけど、『NGS』はとにかくグラフィックが綺麗で景色を見ているだけでも楽しめる。共闘するゲームなので友達との仲も深められて、家にいながら友達がつくれる。今のこの時期にぴったりだと思います」とアピールした。

なお、コラボ楽曲「あいつら全員同窓会」のスペシャルPVは、6月9日(水)午前0時にYouTubeにて公開となる。

■ACAね コメント「自分の尺度で、自分のボーダーの上で歩いてみたかった」
ゲームが普段から好きで、こういったゲームのテーマとして音楽作りをしてみたかったので「NGS」さんとのコラボ、お話しいただきとても嬉しかったです。「NO BORDER. キミにしかなれない、キミがいる。」という、今回のコラボのコンセプトから、色んな面があるのはスタンダードで、どんな生き方も間違ってないのかもしれないと、共感しました。

追われ、繰り返す毎日の中で、誰のほうが誰になれるもなく、人様の基準だけでなくて自分の尺度で、自分のボーダーの上で歩いてみたかった。そういう曲をわたしも作りたかったので有り難き