声優の森久保祥太郎と仲村宗悟が出演する「声優と夜あそび WEEKEND #2」が、5月30日夜10:00から11:30にわたりABEMA内アニメLIVEチャンネルにて放送され、「アガる!声優と夜あそび公式テーマソングを作ろう!」と題し、生放送内で即興曲作りに挑戦した。

■「声優と夜あそび」のテーマソングを作りたいね

「アガる!声優と夜あそび公式テーマソングを作ろう!」では、番組開始当初から、「夜あそびのテーマソングを作りたいね」と言っていた森久保と仲村が、生放送内で“アガる”番組テーマソングを制作する、その貴重なふたりの曲作り風景を見守った。さまざまな楽器が並ぶ音楽スタジオに、テンションがアガる森久保は、十数年ぶりだというドラムをたたき始める。仲村も、ドラムをやっていたことは知らなかったようで、初めての森久保のドラム姿に「最高!」と興奮の様子だった。

「生放送で(曲が)できるわけないでしょ!?」と、不安をもらすふたりだが、乾杯で気合を入れ、さっそく曲作りをスタートさせた。

「テーマカラーが黄色だったり、僕らアゲアゲでスーツを着ていたり、ロックンロールなイメージなんですよ」と提案する仲村に、森久保も「みんなで歌えるように、クラップ入れたりとかね」とアイデアを出し、70年代のオールディーズな雰囲気のロックンロールテイストで曲を作っていった。

ふたりは、ギターを抱え、思いついたメロディーを奏でながら、イメージを共有していき、「もうちょい(テンポを)あげたいな」「全体的にポジティブで、明るい歌にしたいよね」「閉塞感を味わってる今だからこその、俺たちだけの“夜あそび”みたいな!」とアイデアを出しあい、ある程度、方向性が決まったところで、本格的に曲作りを始めていった。

“みんなが歌える曲”にこだわるふたりは、サビにコール&レスポンスができるようなかけあいパートを入れることにし、「(ワンテンポ)空けたほうがいいか」「女性キーだと、高くなっちゃうかな」と、他のMC陣や視聴者が歌いやすいよう、セッションしながら、完成へと近づけていく。

■視聴者からの歌詞の募集も

また、歌詞に入れるキーワードを視聴者からのコメントで募集し、「各曜日のキャッチフレーズを入れたい!」という意見を反映させ、月曜日は“安定”、火曜日は“癒し”、水曜日は“破壊”など、それぞれの曜日のテーマを歌詞に入れ、視聴者と一緒に曲作りを進めていった。そして、1時間半という短い時間ながらも、ふたりの音楽性が存分に発揮され、“みんなでアガれる”曲を作りあげた。

「声優と夜あそび WEEKEND」は、6月5日(土)にも放送されることが、番組の最後に発表された。