6月2日、「映画 さよならクラマー ファーストタッチ」の完成記念イベントが東京・丸の内TOEIで行われ、「さよならクラマー」アニメプロジェクトの応援マネジャーを務める影山優佳(日向坂46)と応援隊長の矢部浩之(ナインティナイン)が、主人公・恩田希の声を担当する島袋美由利、主題歌を担当する小林愛香と共に登壇した。

応援マネジャーに任命されたことについて、影山は「私が活動させていただく中で、サッカーの魅力をいろんな面で広げていきたい、伝えていきたいという思いがありましたので、このアニメを通して、サッカーの魅力が伝えられる役目ができることがすごくうれしいです」と喜びを表現。

サッカー好きで知られる影山は、サッカー経験者でもある。「5歳から小6まで地元のサッカーチームに入っていました。今回の映画版は中学生編ということで、主人公が男子の中でプレーしてるんですけど、その葛藤が分かるというか。私も小学校の時は地元のサッカーチームに女の子は私1人だけで、男子が20人近くいる中でやっていたので、成長するに連れて、男の子たちの体格がよくなって当たり負けすることが多くなったりして、悔しい気持ちがありながらもどうすることができなかったので、いろいろ共感できました」と、主人公の気持ちに自分を重ねた部分があったという。

応援隊長の矢部は「サッカーが好きというだけで、応援隊長に任命していただきました。ライバルは、公開日が一緒ということで、『漁港の肉子ちゃん』です。初日、つまりファーストタッチが大事だと思います(笑)」と、明石家さんまが企画・プロデュースした劇場版アニメをライバル視。

応援隊長というだけでなく、矢部先生として映画に登場している矢部は「本当、気を使っていただいてね(笑)。見に来られる方に伝えておきたいことがあります。エンドロールが終わるまで見ててください(笑)。というのも、矢部先生、全く本編に関係ないんです。エンドロールの後に出てきますので、ぜひ最後まで見ていだたければと思ってます」と、最後まで席をたたないでほしいと嘆願。

また、今作の見どころを聞かれると、影山は「アニメ版も映画版も共通して言えることだと思うんですけど、監督の考えていることとか、プレーしている時に選手はどういうことを考えているのかと、これはアニメならではですけど、心の声がリアルタイムに聞けるところです。そういうところを含めて、サッカーをいつも見ている人にも楽しんでいただける作品じゃないかなって思います」とコメント。

矢部は「のんちゃん(恩田希)は自分の体力に自信があるんですけど、終盤で彼女のプレーのスタイルが変わります。そこは成長だと思うので、注目してください。あとは、矢部先生。最後までぜひご覧いただきたい(笑)」と、しっかりアピール。

主人公の恩田希がサッカーに夢中になっていることにちなんで、それぞれが今ハマっていることを聞かれると、影山は「YouTube」と答えた。「YouTubeがはやってから1〜2周、3周ぐらいしていると思うんですけど(笑)。私、昔から流行に乗り遅れたらもう乗らないというスタイルでした。でも、たまたまYouTubeを見たらハマってしまって、メーク系、都市伝説系、実験系とか、いろんなジャンルを見ています。オススメ機能でオススメしてくれるので、あらがえず、受け入れていたらいろんなのを見るようになりました。今はなかなか外に出られないので、動画は私の癒やしの時間です」とおうち時間を動画を見て楽しんでいると語った。

矢部は「スニーカー」。「仕事以外はずっと家にいるんで、スニーカーを(ネットで)見たら、すぐ買ってしまうんです。ハマっているのが厚底のマラソン用スニーカー。クッション性が良くて、普通のスニーカーが頼りなく感じるようになりました(笑)。記録が出るぐらいのスニーカーなんで、普通に歩いてても速くなるんです。それを履いて仕事に行く時は遅刻したことないですからね(笑)」と、こちらもおうち時間をネットショッピングで満喫しているようだ。

さらに、サッカーが題材の映画ということで、大好きなセリエAのユベントスについて司会者から聞かれると、影山は「新監督になって、10連覇とか期待がかかる中で、結構私の目線に立つとなかなか苦しい1年だったと思うんですけど、それでもいろんなフォーメーションを試してみたりとか、チャレンジングな姿勢は心が引かれましたし…」と話が止まらない。

その後もしばらくしゃべり続け、「あ、喋り過ぎちゃった!」と照れ笑い。矢部も「アイドルとは思えないね(笑)」と、影山の“ユーべ愛”、“サッカー愛”に思わず笑顔を見せた。

その流れで、映画のヒット祈願ということで、クリスティアーノ・ロナウド選手のゴールパフォーマンスを、島袋と小林と共に披露することに。見事に成功させた影山は「なかなか日常生活でゴールパフォーマンスをすることってないので、貴重な経験ができて幸せですし、ヒット祈願成功ということで、公開が楽しみです!」とやり切った表情を見せた。

最後は、影山が「この作品に応援マネジャーとして関わらせていただけたことを本当に光栄に思っています。今サッカーをやっている少年少女だけじゃなく、昔サッカーをやっていて今は仕事を頑張っている方々も共感できるところがいっぱいあります。いろんな方がいろんな人と一緒に楽しんで、この作品を観ていただけたらいいなと思います。そして、サッカーがもっと皆さんの身近なものになっていけるように、これから私も一緒に頑張っていこうと思っています」と力強く語る。

そして、矢部も「お父さん、お母さんも楽しめる作品になってます。サッカーをやってない人も、友情とか夢とかが描かれている作品なのでぜひご覧いただきたいなと思います」と温かいメッセージを送って締めくくった。

「映画 さよならクラマー ファーストタッチ」は6月11日(金)より東京・新宿バルト9ほか全国ロードショー。


◆取材・文・撮影=田中隆信