西田尚美、市川実和子ら出演の映画「青葉家のテーブル」(6月18日[金]公開)の新場面写真が公開。日々の暮らしに寄り添ったさまざまなコンテンツを発信する「北欧、暮らしの道具店」で2018年4月から配信が始まった短編ドラマを長編映画化した本作だが、この度、出演する注目の若手俳優たちが垣間見えるカットが解禁された。

シングルマザーの春子(西田)と、その息子リク(寄川歌太)、春子の飲み友達めいこ(久保陽香)と、その彼氏で小説家のソラオ(忍成修吾)という一風変わった4人で共同生活をしている青葉家。夏のある日、春子の旧友の娘・優子(栗林藍希)が美術予備校の夏期講習に通うため、青葉家へ居候しにやって来たことから起こる出来事が描かれる。

今回公開されたのは、2020年に公開された映画「滑走路」で、主要キャストに抜擢された寄川をはじめ、俳優・アーティストとしてマルチな才能を発揮している栗林、現在放送中のドラマ「ドラゴン桜」(毎週日曜夜9:00、TBS系)で発達障害がある超難役・原健太を演じている細田佳央太など、今注目の若手俳優たちの写真だ。

思いを寄せる瀬尾(細田)を励ましながら思いがあふれる優子(栗林)の甘く切ないシーンや、優子、リクらが活動するバンドメンバー、優子と同じ美大予備校に通うピンクヘアのクールな与田あかね(上原実矩)のメイキング写真も公開され、撮影の合間の楽しそうな雰囲気も伝わってくる。

さらに、細田のクランクアップを捉えたカットもあり、作品と併せて次世代スターたちの出演にも注目が集まる。