SKE48の荒井優希が6月6日(日)にさいたまスーパーアリーナで行われるプロレス4団体合同興行「CyberFight Festival 2021」の記者会見に出席した。

プロレスデビュー2戦目となる荒井は同大会で乃蒼ヒカリ&瑞希と組んで、伊藤麻希&上福ゆき&小橋マリカと対決。5月4日のデビュー戦で敗れた伊藤へのリベンジに臨む。

荒井は「プロレス好きの皆さんがたくさん集まると思うので、そんな皆さんに認めていただけるように、普段プロレスを見ない方にもまた見たいと思わせるように全力を出したいと思います」とコメント。

対する伊藤は新グループの2人を引き連れて登壇し、その名を「さいたま伊藤リスペクト軍団21」と発表。「なんでこの2人なんだ?と思う人もいるかも知れないですけど、2人はこのコロナ禍の間も伊藤のグッズの梱包や発送、電話対応などをしてくれていたので、その成果を見て抜てきしました」と語った。

それを受けて上福が「伊藤様のサインは完全コピーできるようになりました」と言うと、伊藤は「バラすな!」と罵倒。場内は緊張感漂う中にも、かすかな笑いがこぼれた。

続いて、記者からの質問を受けた荒井は「デビュー戦ではまだまだだなと思う部分も悔しい気持ちもあったので、今はたくさん練習をしています。技は当日を楽しみにしていてください」と新技披露を匂わせるひと言も。

さらに「有観客の試合は初めてですけど、やるからにはプロとしてかっこいい姿を見せられるように頑張りたい。前回は決め技のかかと落とし“Finally”が良かったと、いろんな方から褒めていただいたので、次もパワーアップさせてバランスに磨きを掛けて披露したいと思います」と意気込みを聞かせた。

この日の会見にはオープニングマッチとなるSTARTING BATTLE KICKOFF「舞海魅星&鈴芽&猫はるな&宮本もか&遠藤有栖vs角田奈穂&らく&原宿ぽむ&桐生真弥&鳥喰かや」のほか、3WAYタッグマッチ「辰巳リカ&渡辺未詩vs中島翔子&ハイパーミサヲvs天満のどか&愛野ユキ」、プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合「山下実優vs坂崎ユカ」の面々が出席した。


取材・文=青木孝司