6月5日(土)放送のテレビアニメ「僕のヒーローアカデミア 第5期」(毎週土曜昼5:30-夜6:00、日本テレビ系)第99話「ぼくらの大乱戦」の先行場面カットが解禁された。第99話では、ヒーロー科A組とB組の対抗戦がついに決着を迎える。

「僕のヒーローアカデミア」、通称“ヒロアカ”は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の堀越耕平による少年漫画が原作。
“個性”と呼ばれる超常能力を持つ人々の存在が当たり前の世界を舞台に、主人公・緑谷出久、通称“デク”が、社会を守り、個性を悪用する犯罪者“敵(ヴィラン)”に立ち向かう“ヒーロー”になるため、ヒーロー育成の名門・雄英高校で仲間たちと共に成長する、ジャンプ王道のヒーローアクションだ。

“最高のヒーロー”を目指すデクの次なる試練、それは同じくヒーローを目指す1年B組との、互いのプライドを懸けた対抗戦。
体育祭以来の直接対決に、生徒たちの意気は上がる。そんな中、デクの中で新たな“何か”が目覚めようとしていた。
■第99話「ぼくらの大乱戦」あらすじ
ヒーロー科A組とB組の対抗戦。闘いの最中に、デク(CV:山下大輝)の“個性”である「ワン・フォー・オール」が暴走する。
それは、ワン・フォー・オールの中に秘められた1人の歴代継承者の“個性”黒鞭(クロムチ)だった。

その後、麗日お茶子(CV:佐倉綾音)と心操人使(CV:羽多野渉)の助けで我に返ると、試合はそのまま乱戦へと突入。
各自の“個性”を駆使し、拮抗した戦いが繰り広げられる中、物間寧人(CV:天崎滉平※「崎」は正式には立つに可)はデクの“個性”の「コピー」を狙おうとする。

さらに、体育祭以来となるデクと心操の直接対決が迫り、対抗戦はついに決着へと向かう。