千鳥がMCを務めるレギュラー番組「チャンスの時間」(毎週水曜夜11:00-0:00、ABEMA SPECIALチャンネル)。6月2日の放送回では、男性が意外と知らない“女性の本音”を歌にして暴露する人気企画「第6回 女性の本音ラブソング!」を実施。

6回目となる今回は、過去に優勝経験を持つ元AKB48でタレント・大島麻衣を筆頭に、ゆきぽよ、ざわちん、グラビアアイドル・東坂みゆが初参戦。スタジオゲストのお笑い芸人・AMEMIYAを特別審査員に迎え、審査員長の大悟とともに「心に響いた曲」は誰の曲なのかを審査。

■大島麻衣の歌に、ノブ「あなたすごいですね」

トップバッターのゆきぽよは、ギャルの女の子たちが喜ぶ“男性の言動”を歌に込めて熱唱。ギャルの意外な一面に、千鳥は「知らなかった」「ロマンチックなんや」と感心。

続いて、ざわちんはどんな“ものまねメイク”をしても反応がなかったのに、SNSに水着写真をあげた途端、男性からのDMが殺到したという実体験を歌にして披露。「わしもDMってシステムだけやりたいな」と興味を示した大悟に、ノブはすかさず「DMだけとかないから」とツッコミを入れた。

3番手の東坂はダンスをしたときなどに起こる体の異変について告白。東坂ならではの視点に、千鳥は「これは素晴らしいですね!」と拍手を送る。

そして、満を持しての出番となった大島は、とあるシチュエーションにおいて、「女性側が感じていることがありまして、それを歌にさせていただきました」と自ら曲紹介。予期せぬ事態に直面した際、テンションを上げるためにとる“とある行動”を暴露した大島に、男性陣は「勉強になります!」と感服。歌に込めた思いを赤裸々に語る大島に、ノブは「あなたすごいですね」と驚き、AMEMIYAも立ち上がって質問するなど、大盛り上がりとなった。

■大悟参加の新ユニット・葛飾ブラザーズが登場

それぞれが1曲目の歌唱を終えたところで、大悟は「やっぱり(大島が頭一つ)抜けてるかな」と大島を高評価。AMEMIYAも賛同し、「(大島の)牙城を崩せないかい?誰か、どうだい?」と、他のメンバーに発破をかける。

そこで、“本音ラブソング”の戦いは2周目へと突入するも、東坂が披露した2曲目「ねぇ、やらせないでよ」が新たなる波乱を起こす。「ダメだよ」「なんでだよ」となぜか猛反発するAMEMIYAに、崩れ落ちるほど爆笑する千鳥の2人。

さらに、壮大なテーマで歌い上げた大島の2曲目「ラブ・ジェンダーレス」には、スタジオが拍手喝采。ノブは「もはやかっこいいです!」と、大悟は「これはもう国連とかに行って歌うべき」と大絶賛。

そして、番組のラストには男性の本音を歌うべく、大悟が酒井貴士(ザ・マミィ)、トニーフランクとともに結成した新ユニット・葛飾ブラザーズが登場。ノブが「どういうつもりかだけ教えて」と困惑した“男性の本音ソング”を披露した。