阿部寛が主演、長澤まさみ、高橋海人(King & Prince)、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太、及川光博らが出演する日曜劇場「ドラゴン桜」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の第7話が、6月6日(日)に放送される。

週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で2018年から連載中の三田紀房による漫画「ドラゴン桜2」を実写化した同作。2005年に放送された前作では、倒産寸前・低偏差値の私立龍山高校にやってきた主人公の弁護士・桜木建二(阿部)が、超進学校に生まれ変わらせようと生徒と共に奮闘する姿が描かれ、今回はその15年後を描く続編となっている。

5月30日に放送された第6話で、藤井(鈴鹿)と麻里(志田)が加わり、7人になった東大専科。第7話では、桜木が7人に対して「次の東大模試で合格の見込みがないと判断された生徒には東大専科を辞めてもらう」と宣言。生徒たちは突然の桜木の言葉に困惑する中、東大模試を受けることに。模試に備え、英語の特別講師によるリスニング力強化のための勉強法を実践する様子が描かれる。

公式ホームページなどで見ることができる予告動画では、「普通の家庭で、普通に学校行って…」と思い詰めた表情で訴える菜緒(南)に対し、桜木が「その普通が幸運だって言ってんだ」「人生無駄にしたくなければ、運に乗れ」と諭す姿が映し出されている。

さらに、“「東大合格」に隠された陰謀”というテロップとともに、米山(佐野勇斗)と坂本(林遣都)が不穏な空気を漂わせる姿も。

予告動画を見た視聴者からは、「菜緒ちゃんメンタル危うそう…もしかして東大専科クビになっちゃうのかな…」「米山と坂本が動き出すのか…ざわざわする…」「模試の結果で東大専科から抜けなきゃいけないなんて、私のお豆腐メンタルでは無理や…」などといった心配の声が寄せられている。

■「ドラゴン桜」第7話あらすじ

東大専科の7人が東大模試を受けることになった。模試で合格の見込みがないと判断された者は専科をやめなければいけない。今の学力では何人かは最低のE判定になることは明白だ。桜木(阿部寛)が出したあまりに高いハードルに、生徒たちは混乱し、水野(長澤まさみ)も不安に襲われる。

模試に備え、新たに桜木が招へいした英語の特別講師によるリスニング力強化のための驚くべき勉強法が始まる。さらに桜木は、模試に役立つ「東大模試6カ条」を授けるが、菜緒(南沙良)と天野(加藤清史郎)は、焦りから追い詰められていた。模試当日、プレッシャーに押しつぶされそうな7人は、それぞれの思いを胸に会場に向かう。

※高橋海人の「高」は正しくは「はしご高」