お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が6月4日、自身の公式YouTubeチャンネルに公開した動画で、元フジテレビアナウンサーで現フリーの高島彩のすごさについて語った。

「中田が出会ったすごいアナウンサー」と題して公開された動画で中田は、高島について「アヤパンって本当に、フジテレビ女性アナウンサーの黄金時代の頂点みたいな、最高傑作みたいな人じゃないですか。フジテレビの象徴みたいな人で、明石家さんまさんだろうが、SMAPさんだろうが誰だろうが、どの隣にいても完璧な仕事をする」と褒めちぎった。

中田は、高島がアシスタントを務めたユースケ・サンタマリア司会のバラエティ番組「1年1組 平成教育学院」(フジテレビ系)に出演していた。同番組を振り返って、中田は「同じ現場に高島彩さんといたということでそのすごさを肌で感じて、震えましたね。隣でユースケ・サンタマリアさんがフワ―っとしたボールを投げるんですけど、それを絶妙に回収していくんですよ」と熱弁した。

また中田は、自身がクイズで不正解した時に「高島さんが絶妙にそれをいじってくるんですよ」と述べ、「そのイジり方がエグくもなければ下品でもなくて。高島彩さんのキャラクターとフジテレビの女性アナウンサーっていうブランドを踏み外してないんだけど、すごい良いパンチを打つんですよ」と述懐。

そして、「原稿を読むのがうまいとか、いじられても華があるとか、返しがうまいとか、そういうレベルじゃないんですよ。それをもちろんできたうえでさらに攻撃に回っても強い。震えましたね。戦闘力が高すぎて」と絶賛していた。