今年26周年を迎えるV6が登場する、森永乳業ひとくちアイス「ピノ」の「なかよしで行こう。」キャンペーンが開始。6月7日(月)より、V6が台本なしで本音で“なかよし”をテーマに語りあうドキュメンタリーWEBムービー「ピノとV6『なかよしって?』」がピノ「アイスと平和」特設サイトにて公開される。

起用の背景について、森永乳業は、身近な人となかよくすることの積み重ねが平和につながるという「ピノ」の想いを体現するべく、タッグを組みたいと思ったのが「結成から26年という長い時間、なかよしでみんなに愛されているV6でした」と説明。V6は2021年11月にグループを解散し新しい道に進むが、「V6の皆さんのなかよしは26年続いており揺るがないものであること、これからも形を変え、きっと続くであろうことを強く認識しました」としている。

■年齢も趣味も、好きな音楽もバラバラだった
WEBムービーでは、V6の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一が、“なかよし”をキーワードに台本なしで語り合っている。「適度な距離感を持つ」「相手のかわいいところを見つける」など、V6が26年の歩みの中で見つけた「なかよしの秘訣」を話している。

学校の教室を使用した撮影では、6人は机やイス、黒板など、学生時代を思い起こさせる懐かしいアイテムを笑顔で眺めながらそれぞれの席へ。リラックスしながら台本なしで話す“長回し”の撮影で行われ、トークは序盤から本音モードに。

「年齢も趣味も、好きな音楽もバラバラだった」「25年間、よくやってこれたね」と、初めて出会った頃やデビュー当時を思い出しつつ、時に冗談を言い合って脱線しながら、予定時刻を過ぎても“なかよし”トークが続いた。

撮影現場に用意されたピノを見つけ笑顔を見せた6人が、トークを楽しみながらピノを食べる一幕も。「さっき、星の形のヤツがあったんだよ」と話した井ノ原は、「それ、めっちゃレアなんだよ」と三宅に教えられ、「普通に食べちゃったよ。写真を撮っておけばよかった…」と残念そうな表情を見せる。

そんな折、窓の外から緊急自動車のサイレンが聞こえてきたため、撮影を中断するかとメンバーが目を見合わせると、井ノ原は渋めの口調で「収録はここまでだ!」と刑事ドラマ風の演技を披露。ハプニングを笑いに変える機転で、撮影を盛り上げ続けた。

■ちょっと昔に戻った気持ちになって話せますね
――6人そろって撮影を行った感想をお聞かせください。

井ノ原 「自分たちのことについて、6人だけの空間で話すことがあまりなかったので…もしかして初めて話すようなこともあったかもしれません。今までどういうふうにメンバーとの距離を保ちながらやってきたかにも向き合いました」

長野 「教室で話すっていうこともなかったからね」

井ノ原 「なんか…ちょっと昔に戻った気持ちになって話せますね、学校っていうのは」

長野 「不思議な空間だよね、やっぱり。“戻れる”っていうか…」

井ノ原 「6人で同じ教室で勉強したことなんかないのに、なんか懐かしい気持ちになるのは何でだろう」

三宅 「青春時代を思い出すんでしょうね」

井ノ原 「とにかく、これまでにないV6の姿だったと思います」

■フレッシュ…どこ行ったんだろう?(笑)
――WEB動画の見どころを教えてください。

井ノ原 「セリフとかあまりなくて、自分たちの言葉でしゃべっているところですね」

岡田 「“なかよし”っていうのはキーワードにありましたけど…誰も自分たちがなかよしだとは思ってない(笑)。自然に思っていただけるのが本当のなかよしだと思うんですよ。自分たちで言ってるうちは、まだ甘いよと(笑)」

長野 「5年10年じゃ、この空気感は出せないよね。それを経て“25年”っていうのが、V6の空気感だね」

井ノ原 「ただ…5年10年で出せるフレッシュさも、まぁ出せないよね(笑)」

長野 「それはどっかに置いてきたね(笑)」

岡田 「フレッシュ…どこ行ったんだろう?(笑)」

井ノ原 「(“なかよし”の)秘訣も聞かれたけど…秘訣があって、その通りやればいいっていうものでもないよね」

長野 「オレは『いい距離感を持ってる』って話したけど、この6人ならではの距離感があるのはいいのかな、って」

坂本 「『聴く』ことが秘訣なのかな、『言う』ことよりも。聴くことの方が(リーダーとして)みんなのことを理解できたかな…いま思えば」

三宅 「井ノ原くんが『敬語なしで、みんなタメ口で話そうよ』と言ったのが結構大きいと思うんだよね。年齢差はあるけど、敬語を使わないで話すことで仲間感が表れてきて、いろいろ言い合える仲になったんじゃないかな」

森田 「一つのことを、この6人で乗り越えてきたじゃないですか。その経験をみんなが味わって年を重ねてきたっていうのが大きいね」

井ノ原 「乗り越える“壁”が急に立ちはだかる時もあるけど、自分たちで用意した部分もあった。こっちの方が楽なのに、あえてつらい方に行くっていうのは、幾つかあった。乗り越えるだけの価値があったと思います」

――ところで井ノ原さんとピノは、実は同い年なんですよね(ピノは今年で発売45周年)。

井ノ原 「そうなんですよ!小5くらいの時に『ピノちん』って呼ばれてたことがあるんです(笑)。『イノ』って言われてたのが『ピノ』になった瞬間があったんです。すぐにそのアダ名はなくなっちゃったんですけど(笑)」

岡田 「今からでもね、ぜんぜん。ピノッチにしましょう(笑)」

井ノ原 「ピノッチで〜す(笑)」

三宅 「商品のイメージと異なるな〜(笑)」