清原果耶がヒロインを務める連続テレビ小説「おかえりモネ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月〜金曜の振り返り)。6月7日放送の第16回では、百音(清原)の父・耕治(内野聖陽)と気象予報士・朝岡(西島秀俊)がテレビ画面越しに“共演”。ドラマファンを喜ばせた。(以下、ネタバレがあります)


■「モネはこういう人がタイプかぁ〜」

「おかえりモネ」は、宮城・気仙沼に生まれ育ち、登米で青春を送るヒロインの“モネ”こと百音(ももね)が、気象予報の仕事を通じて人々に幸せな未来を届けていく希望の物語。脚本は、「透明なゆりかご」(2018年、NHK総合)でも清原とタッグを組んだ安達奈緒子が担当する。

第4週「みーちゃんとカキ」(5月31日[月]〜6月4日[金])では、百音の妹・“みーちゃん”こと未知(蒔田彩珠)が種ガキづくりの自由研究に打ち込む姿を通して、漁業と気象の深い関係に百音が気づいていく。

登米の森林組合に就職した百音だが、祖母・雅代(竹下景子)の初盆で気仙沼の実家に帰省中。そんなある日の昼食どき、食卓を囲む百音たち一家の居間のテレビでお昼の気象情報が始まった。画面に映ったのは、気象予報士の朝岡。百音が思わず「あ」と声を上げると、耕治が「どうした?」と画面の朝岡をまじまじと見つめ、「あ〜、モネはこういう人がタイプかぁ〜」とつぶやいた。

百音にしてみれば、林間学校で突然の雷雨に見舞われた際、的確な指示を出してピンチを救ってくれた恩人なのだが、耕治はそんなことはつゆ知らず。のんきに「こういう人がタイプかぁ〜」と百音の顔を覗き込む姿は、思春期の娘を持つ父親そのもので、微笑ましい。

■内野聖陽&西島秀俊と言えば…

そんな何気ないワンシーンだが、一部のファンからは熱視線を浴びることにもなった。耕治役の内野と朝岡役の西島の組み合わせから、ドラマ「きのう何食べた?」(2019年、テレビ東京系)を連想したドラマファンが少なくなかったのだ。

よしながふみ原作のコミックを「おかえりモネ」の安達奈緒子脚本でドラマ化した「きのう何食べた?」。西島は料理上手で倹約家、ちょっと気難しい弁護士“シロさん”こと筧史朗を、内野は誰にでもフレンドリーで穏やかな性格の美容師・“ケンジ”こと矢吹賢二を演じた。

ケンジとシロさん、2人がおいしい料理を食べながら仲睦まじく日々を送るストーリーに多くのファンがほっこりし、深夜ドラマながら放送時にはTwitterのトレンド世界一になるほどの話題作に。2021年中の映画化もすでに決まっている。

そんな2人が今回、画面越しながらも共演を果たした。劇中、耕治がテレビ画面をバックにこちらを向き、テレビの中の朝岡と同じ画面に収まるカットまで…。気仙沼に住むヒロインの父と、東京でヒロインを導く気象予報士、2人の共演シーンはないのでは、との予想が多かっただけに、このサービスカットに「何食べ」ファンからは喜びの声が続出!

「シロさんとケンジ、まさかの画面越し共演!」「ケンジだった内野さんがシロさんだった西島さんに『こういう人がタイプか』って言ってる世界線」「対面シーンもあるのかな〜期待しちゃう」といった声でにぎわい、「シロさん」がYahoo!リアルタイム検索ランキングで急上昇ワード入りするなど反響を呼んだ。

ドラマは、百音が森林組合に続いて実家のカキ養殖業でも気象を知ることの重要性に気づく展開。さらに第17回(6月8日放送)では、祖父・龍己(藤竜也)が木材にとても詳しいことがわかり、百音は不思議に思う。