乃木坂46・久保史緒里主演のドラマ「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」(毎週水曜深夜0:25-0:55)の最終話が、6月10日(木)に放送される。

同作は“ブラック心理術”を巧みに利用し、相手の心を翻弄するミステリアスな女・クロノサキにもてあそばれる人々をブラックユーモア満載に描く、痛快サスペンスドラマ。そのクロノサキを連続ドラマ初主演の久保が演じている。

■久保史緒里コメント

――第4章の見どころについて

今回、親子間での悩みがテーマになっているのですが、1番皆さんにとって身近な問題が描かれていると思うので、共感できる部分が多いと思います。

私演じるサキが、親子の問題に介入することによって生じるねじれが、これまでのストーリーに比べてかなり大きいなという感覚です。サキがいきいきと、すごく楽しそうに相手を操っているので、そこもしっかりと注目してほしいです。

――ドラマ撮影を振り返って

私にとって勉強の場でもあり、きっかけともなった大事な場所です。ドラマの現場に1ヶ月しっかりと入らせてもらうのが初めてで、そもそもドラマ撮影の進み方すら知らなかったので、新しい発見がたくさんありました。このクロシンリの現場は、本当に皆さんが優しくてあたたかくて、何度も救われました。

この現場を終えて、私はドラマや映像のお芝居をまたやりたい、と思うことができました。私にとって勉強の場でもあり、きっかけともなった大事な場所です。

普段何かあっても“成長できました”って言えない人間なんですけど、今回ばかりは、ずっとほしかったけれどからっぽだった知識が積み上がっていった感覚があって、成長できたんだなと思います。やっとスタートラインに立つことが出来たような気がします!