片桐はいりが、黒島結菜がヒロインを務める連続テレビ小説「ちむどんどん」(2022年度前期、NHK総合ほか)に出演することが発表された。同ドラマは、2022年に米国からの返還50周年の節目を迎える沖縄を舞台に、ふるさと沖縄の料理に夢をかけたヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ、黒島)と、その兄妹たち家族の笑って泣ける朗らかな50年の物語を描く。脚本家・羽原大介によるオリジナル作品で、語りは沖縄出身のジョン・カビラが務める。

片桐は、暢子たちの高校の音楽教師の下地響子を演じる。音楽を強烈に、こよなく愛している。暢子の妹・歌子(上白石萌歌)の歌の才能を見抜いて、シャイな歌子を強引に指導しようとするという役どころだ。

同作に出演することの意気込みを片桐は「音楽を愛するあまり、時に思いがあふれてとんでもないことになる、という姉妹の高校の音楽教師の役をいただきました。『北風』と『太陽』をいっしょくたにしたような先生にできないかしら、と今は夢想しています」とコメントを寄せた。

また、片桐は「『あまちゃん』と『とと姉ちゃん』に出演しました。今回はドラマや映画でもなかなか⾒る機会が少ない50年前の沖縄︕に⾏くことができるので、とても楽しみです」と喜びを語った。

さらに、片桐は舞台の地である沖縄の印象を「沖縄には『国際通り』はじめ、映画館の名前を冠した通りが多い、と聞いて訪ねたことがあります。映画にかぎらず、⾒世物に対する愛情を感じてうれしくなりました」と明かした。

「ちむどんどん」は、6月1日から3週にわたり、NHKドラマ公式Twitterおよびドラマトピックスにて発表。宮沢氷魚、山田裕貴、前田公輝、山路和弘の他、暢子の母親・優子役に仲間由紀恵、父親・賢三役に大森南朋、兄・賢秀役に竜星涼、姉・良子役に川口春奈、妹・歌子役に上白石萌歌の出演が発表されている。