ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)の玉井詩織の「ももクロ怒涛の生誕祭〜しおりん祭〜」が、ABEMA内ABEMA PPV ONLINE LIVEにて6月4日夜9:00より独占生配信された。

今回、配信された「ももクロ怒涛の生誕祭〜しおりん祭〜」は、6月4日に誕生日を迎えた玉井をお祝いする、初の試みとなるセルフプロデュースのオンラインバースデーイベントで、4日、26歳になった玉井が、オリジナル誕生日ケーキ(お寿司ケーキ)を作ったり、秘蔵写真の公開、ももクロ年表の作成、さらにはファンとの生電話など、盛りだくさんの内容となった。

■楽屋にあったまさかの誕生日プレゼントとは「今までいちばんびっくりした」

今回の初セルフプロデュースの生誕祭で、オリジナルケーキを作りたかったという玉井は、お寿司ケーキ作りに挑戦した。

ケーキを作りながら、「すごいいいこと教えてあげる!」と話し、誕生日当日にとても驚いた出来事があったようで、「夕方くらいに、ここ(配信場所)に来たんですけど、楽屋にすごい大きなプレゼントが置いてあったの。『開けていいですか?』って、それを開けたんですよ。そしたらなんと…高城れにが出てきたんですよ!(笑)」とのサプライズを告白した。「私、今までのサプライズでいちばんびっくりしたんだけど」と玉井は、驚きをかくせない様子だった。

そして、タマゴに苦戦しながらも、お寿司ケーキを無事に完成させた玉井は、おいしそうにそれを食べていた。

■ニューヨークでの秘蔵写真を公開「爆イケに撮ってもらった」

イベント内では玉井が、Instagramに投稿しそびれていたプライベートな秘蔵写真も公開した。

玉井がファンに見てほしかった写真は、約3年前に、ニューヨークに語学を学びに行った際に、知人に撮影してもらったという一枚で、せっかくニューヨークに来たから、ニューヨークの街で作品撮りをしようという話になり、「爆イケに撮ってもらった」と説明した。

撮影の際の衣装については、前日にブルックリンのヴィンテージストアで自ら用意したもので、イメージカラーがイエローで、いつも明るく元気な印象の玉井によるクールな1枚に、とても楽しかったと当時を思い出していた。

続けて、玉井に関するクイズをファンから募集し、玉井自身が答える「しおりんクイズ」や、ももクロ年表の作成、ファンとの生電話など、充実した内容で生誕祭が行われた。

そして、次に生誕祭を行うのはあーりんこと佐々木彩夏で、その佐々木自身がプロデュースする生誕祭は、6月11日(金)夜9時から配信開始の予定だ。

■玉井詩織<ももいろクローバーZ>コメント

とっても楽しかったです。自分が主催で、「お誕生日をお祝いします」というのは、小学校のお誕生日会を、ちょっと思い出すようななつかしさを感じつつ、私が生まれた日を、みなさんも同じようにお祝いしてくださっているというのが、すごくうれしかったです。ファンのみなさんと同じ時間をこうやって過ごせて、とても楽しかったです。